Cassandraクエリー言語の紹介

Cassandraクエリー言語(CQL)はCassandraデータベース用のクエリー言語です。

Cassandraクエリー言語(CQL)はCassandraデータベース用のクエリー言語です。

Cassandraクエリー言語(CQL)は、Cassandraデータベースと通信するための主要言語です。Cassandraと対話する最も基本的な方法は、CQLシェルのcqlshを使用することです。cqlshを使用すると、キースペースやテーブルの作成、テーブルの挿入やクエリーをはじめとする多くの操作ができます。グラフィカル・ツールを希望する場合は、DataStax DevCenterを使用できます。DataStaxは実稼働環境用に多くのドライバーを用意しており、CQL文をクライアントとクラスター間で受け渡しできるようにしています。他の管理タスクはOpsCenterを使用して実行できます。

Important: このドキュメントでは、ユーザーがCassandra 2.2またはCassandra 3.0のドキュメントに精通していることが前提となっています。
CQL for Cassandra 2.2および3.0の機能

CQLには以下の新機能が含まれています。

CQLには以下の改善された機能が含まれています。

以下の機能はCQLから除去されています。

  • CQL2の除去
  • cassandra-cliの除去

ネイティブ・プロトコル

ネイティブ・プロトコルはバージョン4に更新されており、DataStaxドライバーでCQLを使用できます。