使用可能なディスク容量の推定 

DataStaxノードまたはCassandraノードが保持できるデータの量を算出します。

DataStaxノード群またはApache Cassandra™ノード群に保持できるデータの量を推定するには、ノードごとの使用可能なディスク容量を計算し、クラスター内のノード数を掛けます。通常、実稼動クラスターでは、コミット・ログとデータ・ディレクトリは別々のディスクにあります。

手順

  1. 物理的ディスクの生の容量から計算を始めます。
    生の容量 = ディスク・サイズ * データ・ディスクの数
  2. ファイル・システムのフォーマットによるオーバーヘッド(約10%)を考慮した、使用可能なディスク領域を計算します。
    フォーマット済みディスク領域 = (生の容量 * 0.9)
  3. 推奨される作業ディスク容量の計算:

    通常の運用では、Cassandraは、コンパクションおよびリペア操作のため、定期的にディスク容量を要求します。最適なパフォーマンスおよびクラスターの健全性を保つために、DataStaxでは、ディスクを最大容量まで使用せず、コンパクション・ストラテジおよびコンパクションのサイズに応じて、50%から80%までにするよう推奨しています。

    使用可能ディスク領域 = フォーマット済みディスク領域 * (0.5〜0.8)