NUMAシステムにおけるLinuxカーネル独特のパフォーマンスの問題 

zone_reclaim_modeによる問題。

zone_reclaim_modeによる問題。

Linuxカーネルは、zone_reclaim_modeの有効化/無効化が一貫していないことがあります。この結果、パフォーマンスに予期しない問題が生じることがあります。
  • CPU処理量がランダムに大きく増加して、レイテンシーとスループットが大きく増えることがある。
  • プログラムがずっとハングしたまま、何もしていないように見受けられる。
  • 兆候が突然出現したり消えたりする。
  • 再起動すると、この兆候は通常、一定期間は現れない。
zone_reclaim_modeを確実に無効にするには以下のようにします。
$ echo 0 > /proc/sys/vm/zone_reclaim_mode