スキーマの不一致の取り扱い 

Windowsで、スキーマの不一致がないかチェックし、解決します。

Windowsで、スキーマの不一致がないかチェックし、解決します。

スキーマの不一致が生じた場合は、以下のようなスキーマの不一致がないかチェックし、解決します。

手順

  1. nodetool describeclusterコマンドを実行します。
    C:\> %CASSANDRA_HOME%\bin\nodetool describecluster
    ノードがUNREACHABLEである場合は、以下と同様の内容が出力されます。
    Snitch:org.apache.cassandra.locator.DynamicEndpointSnitch
    Partitioner:org.apache.cassandra.dht.Murmur3Partitioner
    Schema versions:
    UNREACHABLE:1176b7ac-8993-395d-85fd-41b89ef49fbb: [10.202.205.203]
    9b861925-1a19-057c-ff70-779273e95aa6: [10.80.207.102]
    8613985e-c49e-b8f7-57ae-6439e879bb2a: [10.116.138.23]
  2. 到達不可能なノードを再起動します。
  3. nodetool describeclusterですべてのノードのスキーマのバージョン番号が同じと表示され、1つのスキーマ・バージョンのみが出力に表示されるようになるまで、ステップ1と2を繰り返します。