Ec2Snitch

Ec2Snitchは、1つのリージョンのAmazon EC2で使用します。

EC2Snitchは、クラスターのすべてのノードが1つのリージョン内にあるAmazon EC2の簡単なクラスター・デプロイに使用します。

EC2デプロイでは、リージョン名はデータ・センター名として扱われ、アベイラビリティー・ゾーンはデータ・センター内のラックとして扱われます。たとえば、ノードがus-east-1リージョンにある場合、us-eastはデータ・センター名で、1がラックの場所です(ラックはレプリカの分散には重要ですが、データ・センターの命名には重要ではありません)。プライベートIPが使用されるため、このスニッチは複数のリージョンにわたっては機能しません。

1つのデータ・センターのみを使用する場合は、プロパティを指定する必要はありません。

複数のデータ・センターが必要な場合は、dc_suffixオプションをcassandra-rackdc.propertiesファイルで設定します。他の行は無視されます。

たとえば、us-eastリージョン内の各ノードに対して、cassandra-rackdc.propertiesファイルでデータ・センターを指定します。
注: データ・センター名では大文字と小文字が区別されます。
  • node0

    dc_suffix=_1_cassandra

  • node1

    dc_suffix=_1_cassandra

  • node2

    dc_suffix=_1_cassandra

  • node3

    dc_suffix=_1_cassandra

  • node4

    dc_suffix=_1_analytics

  • node5

    dc_suffix=_1_search

その結果、このリージョンに以下の3つのデータ・センターがあることになります。
us-east_1_cassandra us-east_1_analytics us-east_1_search
注: この例でのデータ・センター命名規則は、ワークロードに基づいています。DC1、DC2、または100、200など他の規則を使用することもできます。

キースペース・ストラテジ・オプション

キースペース・ストラテジ・オプションを定義するときに、``us-east``などのEC2リージョン名をデータ・センター名として使用してください。

cassandra-rackdc.propertiesファイルの場所は、インストールのタイプによって異なります。
パッケージ・インストール /etc/cassandra/cassandra-rackdc.properties
tarボール・インストール install_location/conf/cassandra-rackdc.properties
Windowsインストール C:\Program Files\DataStax Community\apache-cassandra\conf\cassandra-rackdc.properties