ゴシップ設定の構成

cassandra.yamlファイルを使用したゴシップの構成

ノードが最初に起動する時、そのcassandra.yaml構成ファイルを調べて、それが所属するCassandraクラスターの名前、クラスター内のその他のノードに関する情報を得るためにどのノード(シードと呼ばれる)にコンタクトするか、およびポートと範囲の情報を決めるその他のパラメーターを見つけます。

cassandra.yamlファイルの場所は、インストールのタイプによって異なります。
パッケージ・インストール /etc/cassandra/cassandra.yaml
tarボール・インストール install_location/resources/cassandra/conf/cassandra.yaml
Windowsインストール C:\Program Files\DataStax Community\apache-cassandra\conf\cassandra.yaml

手順

cassandra.yamlファイルで、以下のパラメータを設定します。
プロパティ説明
cluster_name このノードが参加するクラスターの名前。クラスター内のすべてのノードで同じにする必要があります。
listen_address Cassandraノードが他のCassandraノードに接続するためにバインドするIPアドレスまたはホスト名。
(任意)broadcast_address ノードがクラスター内の他のノードにコンタクト先として伝えるIPアドレス。これにより、パブリック・アドレスとプライベート・アドレスに異なるアドレスを使用できます。たとえば、必ずしもすべてのノードがプライベートIPアドレスを使用して他のノードにアクセスできるとは限らないトポロジー内では、broadcast_addressパラメーターを使用します。デフォルトはlisten_addressです。
seed_provider -seedsリストはホスト(IPアドレス)のコンマ区切りリストで、ゴシップがリングのトポロジーを学習するために使用します。すべてのノードで、同じシード・リストにする必要があります。 複数データ・センター・クラスターでは、シード・リストに各データ・センター(レプリケーション・グループ)からのノードを少なくとも1つ含める必要があります。フォールト・トレランスのために、データ・センターあたり1つ以上のシード・ノードを指定することを推奨します。そうしないと、ゴシップはノードのブートストラップ時に別のデータ・センターと通信する必要があります。保守タスクが増え、ゴシップのパフォーマンスが低下するため、すべてのノードをシード・ノードにすることは推奨しません。ゴシップの最適化は重要ではありませんが、小さいシード・リストを使用することを推奨します(データ・センターあたり約3つのノード)。
storage_port ノード間通信ポート(デフォルトは7000)。クラスター内のすべてのノードで同じにする必要があります。
initial_token 旧式のクラスター用。 個々のノードがリング空間で厳密に1つの連続する範囲を所有する、single-node-per-token(トークンごとに1ノード)のアーキテクチャーで使用します。
num_tokens 新しいクラスター用。 仮想ノード(vnode)を使用する場合に、リング上でこのノードにランダムに割り当てられるトークンの数を定義します。