Cassandra3.0の新機能

Cassandraの新機能の概要。

Cassandra 3.0では、新機能、操作上の変更、その他の注目すべき変更が提供されています。

新機能

Apache Cassandra™では、多数の新機能が提供されています。

ストレージ・エンジンのリファクタリング

ストレージ・エンジンがリファクタリングされました。

マテリアライズド・ビュー

マテリアライズド・ビューは、基本データと表示データ間の一貫性を維持しながら、サーバー側の自動非正規化を処理します。

Windowsのサポート

Windows 7、Windows 8、Windows Server 2008、およびWindows Server 2012のサポート。DataStax Cassandra 2.2のWindowsドキュメントを参照してください。

操作上の改善点

Apache Cassandra™では、多数の操作上の改善点が提供されています。

ファイルベースのヒント・ストレージと再生の改善

ヒントはファイルに格納されるようになり、再生が改善されました。

デフォルトのガーベージ・コレクターをG1に変更 デフォルトのガーベージ・コレクターが、コンカレント・マーク・スイープ(CMS)からG1に変更されました。ヒープ・サイズが4GB以上のノードでは、G1のパフォーマンスが向上しています。

CREATE TABLEの圧縮オプションの構文を変更

CREATE TABLEの圧縮オプションの一貫性がさらに向上しました。

ブロック状態のバッチログを強制的に再生するためのnodetoolコマンドを追加

BatchlogManagerでは、nodetoolを使用してバッチログを強制的に再生できます。

SSLを介したnodetoolの接続

nodetoolはcqlshのようなSSLを使用して接続できます。

ヒンテッド・ハンドオフ用の新しいnodetoolオプション

データ・センターのヒンテッド・ハンドオフを選択的に有効または無効にするためのnodetoolオプション、disablehintsfordcおよびenablehintsfordcが追加されました。

圧縮を停止するためのnodetoolオプションを追加

圧縮を停止するためのnodetoolオプションが追加されました。

その他の注目すべき変更

Apache Cassandra™には、その他の多数の注目すべき変更が提供されています。

Java 8が必要

現在、Java 8が必要です。

nodetool cfstatsとnodetool cfhistogramsの名前を変更

nodetool cfstatsの名前がnodetool tablestatsに変更になりました。nodetool cfhistogramsの名前がnodetool tablehistogramsに変更になりました。
ネイティブ・プロトコルv1およびv2が削除されました。 Cassandra 3.0では、ネイティブ・プロトコルv1およびv2が削除されました。