コンパクションと圧縮のテスト

書き込みサーベイ・モードの有効化。

書き込みサーベイ・モードは、新しいコンパクションおよび圧縮のストラテジをテストするためのCassandra起動オプションです。書き込みサーベイ・モードでは、そのノードで新しいコンパクションおよび圧縮ストラテジをテストすることで、実稼働クラスターに影響を及ぼさずに、書き込みパフォーマンスの相違をベンチマークできます。

書き込みサーベイ・モードは、ノードをデータベース・クラスターに追加します。ノードは、すべての書き込みトラフィックを、あたかも通常のCassandraクラスターに属しているかのように受け入れますが、ノードはリングに正式に参加しません。

また、Cassandraの新しいバージョンを試用する場合にも、書き込みサーベイ・モードを使用します。書き込みサーベイ・モードでクラスターに追加するノードは、クラスターの他のノードと同じメジャー・リリース・バージョンである必要があります。書き込みサーベイ・モードは、ノード間でデータをまとめて転送するストリーミングのサブシステムを使用しますが、これがメジャー・リリースごとに異なるからです。

変更が読み取りのパフォーマンスにどのように影響を及ぼすかを確認するには、ノードを停止して、スタンドアローン・マシンとして起動したら、ノードの読み取り操作をベンチマークします。

手順

write_surveyオプションを使用してCassandraのノードを起動します。
  • パッケージ・インストール: 以下のオプションをcassandra-env.shファイルに追加します。
    JVM_OPTS="$JVM_OPTS -Dcassandra.write_survey=true
  • tarボール・インストール: このオプションで、Cassandraを起動します。
    cd install_location
    $ sudo bin/cassandra -Dcassandra.write_survey=true
JVM_OPTS="$env:JVM_OPTS -Dcassandra.write_survey=true
cassandra-topology.propertiesファイルの場所は、インストールのタイプによって異なります。
パッケージ・インストール /etc/cassandra/cassandra-topology.properties
tarボール・インストール install_location/conf/cassandra-topology.properties
Windowsインストール C:\Program Files\DataStax Community\apache-cassandra\conf\cassandra-topology.properties
cassandra-env.ps1の場所:
Windowsインストール C:\Program Files\DataStax Community\apache-cassandra\conf\cassandra-env.ps1
cassandra-env.shファイルの場所は、インストールのタイプによって異なります。
パッケージ・インストール /etc/cassandra/cassandra-env.sh
tarボール・インストール install_location/conf/cassandra-env.sh