sstablerepairedset

sstablerepairedsetユーティリティは、指定されたSSTablesセット上のレベルを0にリセットします。

このツールの目的は、特定のSSTablesを「リペア済み」または「未リペア」とマークすることです。指定されたSSTablesセット上のrepairedAtステータスを設定するために使用されます。このメタデータにより、インクリメンタル・リペアが容易になります。このツールでは、単独のSStableのパスを指定することも、SStableのパスのリストの入ったファイルのパスを指定することもできます。
警告: このコマンドは、Cassandraが停止した状態でのみ実行してください。
使用法:
  • パッケージ・インストール: $ sstablerepairedset [--is-repaired | --is-unrepaired] [-f sstable-list | sstables]
  • tarボール・インストール:
    cd install_location/tools
    $ bin/sstablerepairedset [--is-repaired | --is-unrepaired] [-f sstable-list | sstables]
C:\> cd "Program Files\DataStax Community\apache-cassandra\tools\bin"
C:\> sstablerepairedset [--is-repaired | --is-unrepaired] [-f sstable-list | sstables]

手順

  • リペア済みとマークするSSTablesを選択します。
    $ sstablerepairedset --is-repaired /var/lib/cassandra/data/cycling/cyclist_name-a882dca02aaf11e58c7b8b496c707234/la-1-big-Data.db
  • 未リペアとマークするSSTablesをリストしたファイルを使用します。
    $ sstablerepairedset --is-unrepaired -f repairSetSSTables.txt
    サンプル・ファイルには、以下のData.dbファイルのパスが入っています。
    /home/user/apache-cassandra-3.0.0/data/data/test/cyclist_by_country-82246fc065ff11e5a4c58b496c707234/ma-1-big-Data.db
    /home/user/apache-cassandra-3.0.0/data/data/test/cyclist_by_birthday-8248246065ff11e5a4c58b496c707234/ma-1-big-Data.db
    /home/user/apache-cassandra-3.0.0/data/data/test/cyclist_by_birthday-8248246065ff11e5a4c58b496c707234/ma-2-big-Data.db
    /home/user/apache-cassandra-3.0.0/data/data/test/cyclist_by_age-8201305065ff11e5a4c58b496c707234/ma-1-big-Data.db
    /home/user/apache-cassandra-3.0.0/data/data/test/cyclist_by_age-8201305065ff11e5a4c58b496c707234/ma-2-big-Data.db
    キースペース内のすべてのData.dbファイルをリストするコマンドは、以下のとおりです。
    find '/home/user/apache-cassandra-3.0.0/data/data/test/' -iname "*Data.db*"