nodetool setcachecapacity

グローバル・キーおよび行キャッシュの容量をメガバイト単位で設定します。

グローバル・キーおよび行キャッシュの容量をメガバイト単位で設定します。

構文

$ nodetool <オプション> setcachecapacity -- <key-cache-capacity> <row-cache-capacity>
  • オプションは以下のとおりです。
    • (-h | --host) <ホスト名> | <IPアドレス>
    • (-p | --port) <ポート番号>
    • (-pw | --password) <パスワード>
    • (-u | --username) <ユーザー名>
    • (-pwf <passwordFilePath | --password-file <passwordFilePath>)
  • -- オプションと間違えられるような引数とオプションを分離します。
  • key-cache-capacityは、メモリー内のキー・キャッシュのMB単位の最大サイズです。
  • row-cache-capacityは、メモリー内の行キャッシュのMB単位の最大サイズです。
  • counter-cache-capacityは、メモリー内のカウンター・キャッシュのMB単位の最大サイズです。

構文の凡例

  • 山かっこ(< >)は、リテラルではなく変数を意味する
  • イタリック体は指定が任意であることを意味する
  • パイプ(|)記号はORまたはAND/ORを意味する
  • 省略記号(...)は繰り返し可能を意味する
  • 範囲記号「(」および「)」はリテラルではなく、範囲を示す

説明

key-cache-capacity引数は、cassandra.yamlkey_cache_size_in_mbパラメーターに対応します。キー・キャッシュが1回ヒットすると、1回のシークが節約され、行キャッシュが1回ヒットすると、最低2回のシークが節約されます。一部のメモリーをキー・キャッシュ専用として割り当てると応答時間が短縮されるため、通常は好ましいトレードオフとなります。デフォルト値は空です。これは、ヒープの5パーセントのMBまたは100MBのどちらか小さい方を意味します。

key-cache-capacity引数は、cassandra.yamlrow_cache_size_in_mbパラメーターに対応します。デフォルトでは、行キャッシングはゼロ(無効)です。

counter-cache-capacity引数は、cassandra.yamlcounter_cache_size_in_mbに対応します。デフォルトでは、カウンター・キャッシングはヒープの最低2.5%または50MBです。

cassandra.yamlファイルの場所は、インストールのタイプによって異なります。
パッケージ・インストール /etc/cassandra/cassandra.yaml
tarボール・インストール install_location/resources/cassandra/conf/cassandra.yaml
Windowsインストール C:\Program Files\DataStax Community\apache-cassandra\conf\cassandra.yaml