nodetool setcompactionthreshold

テーブルの最小および最大コンパクションしきい値を設定します。

テーブルの最小および最大コンパクションしきい値を設定します。

構文

$ nodetool <オプション> setcompactionthreshold -- <keyspace> <table> <minthreshold> <maxthreshold>
  • オプションは以下のとおりです。
    • (-h | --host) <ホスト名> | <IPアドレス>
    • (-p | --port) <ポート番号>
    • (-pw | --password) <パスワード>
    • (-u | --username) <ユーザー名>
    • (-pwf <passwordFilePath | --password-file <passwordFilePath>)
  • -- オプションと間違えられるような引数とオプションを分離します。
  • keyspaceはキースペースの名前です。
  • tableはテーブル名です。
  • minthresholdは、SizeTieredCompactionStrategyまたはDateTieredCompactionStrategyの使用時にマイナー・コンパクションを行うSSTableの最小数を設定します。
  • maxthresholdは、SizeTieredCompactionStrategyまたはDateTieredCompactionStrategyの使用時にマイナー・コンパクションを行うSSTableの最大数を設定します。

構文の凡例

  • 山かっこ(< >)は、リテラルではなく変数を意味する
  • イタリック体は指定が任意であることを意味する
  • パイプ(|)記号はORまたはAND/ORを意味する
  • 省略記号(...)は繰り返し可能を意味する
  • 範囲記号「(」および「)」はリテラルではなく、範囲を示す

説明

このパラメーターは、マイナー・コンパクションをスケジュールする前に、同じようなサイズのSSTableがいくつ存在する必要があるかを決定します。max_thresholdテーブル・プロパティは、1回のマイナー・コンパクションでコンパクションできるSSTableの数の上限を設定します。これについてはhttp://wiki.apache.org/cassandra/MemtableSSTableで説明されています。

LeveledCompactionStrategyを使用している場合、maxthresholdはMAX_COMPACTING_L0を設定します。これによって、同時にコンパクションされるL0 SSTableの数が制限され、重複の多いSSTableのコンパクション時にメモリーを無駄にしたり、メモリーが不足するのを避けることができます。