nodetool sethintedhandoffthrottlekb

ヒンテッド・ハンドオフ・スロットルを配信スレッドあたりのキロバイト/秒で設定します。(Cassandra 2.1.1以降)

ヒンテッド・ハンドオフ・スロットルを配信スレッドあたりのキロバイト/秒で設定します。(Cassandra 2.1.1以降)

構文

$ nodetool <オプション> sethintedhandoffthrottlekb <value_in_kb/sec>
  • オプションは以下のとおりです。
    • (-h | --host) <ホスト名> | <IPアドレス>
    • (-p | --port) <ポート番号>
    • (-pw | --password) <パスワード>
    • (-u | --username) <ユーザー名>
    • (-pwf <passwordFilePath | --password-file <passwordFilePath>)
  • -- オプションと間違えられるような引数とオプションを分離します。
  • value_in_kb/secは、スロットル時間です。

構文の凡例

  • 山かっこ(< >)は、リテラルではなく変数を意味する
  • イタリック体は指定が任意であることを意味する
  • パイプ(|)記号はORまたはAND/ORを意味する
  • 省略記号(...)は繰り返し可能を意味する
  • 範囲記号「(」および「)」はリテラルではなく、範囲を示す

説明

ノードは、ヒントを保持している対象ノードが回復したことを検知すると、そのノードにヒントの送信を開始します。この設定は、各ヒント配信後の配信スレッドの最大スリープ間隔を1秒あたりのキロバイト単位で表示します。この間隔は、クラスター内のノードの数に比例して短くなります。たとえば、クラスター内に2つのノードがある場合、各配信スレッドは最大間隔を使用し、3つのノードがある場合、各ノードは最大間隔の半分にスロットルします。これは2つのノードがヒントを同時に配信すると想定されるためです。

$ nodetool sethintedhandoffthrottlekb 2048