検索のヒント
Cassandraクエリー言語の紹介
Cassandraクエリー言語(CQL)はCassandraデータベース用のクエリー言語です。
CQLデータ・モデリング
データ・モデリングのトピック。
データ・モデリングの概念
Cassandraでのデータ・モデリングのアプローチ方法。CQLドキュメント全体を通じてPro Cycling統計例が使用されています。
データ・モデリング分析
論理データ・モデルの分析方法。
CQLの使用
CQLには、Thrift APIより簡単なCassandra APIが用意されています。
cqlshの起動
cqlshを起動する方法。
キースペースの作成と更新
キースペースの作成は、SQLデータベースの作成に相当しますが、多少異なります。
テーブルの作成
データを格納するテーブルの作成方法。
マテリアライズド・ビューの作成
CQLマテリアライズド・ビューの作成方法。
テーブルでの高度なデータ型の作成
コレクションとユーザー定義型(UDT)をテーブル内に作成する方法。
関数の作成
関数を作成する方法を示します。
データの挿入と更新
通常のデータまたはJSONデータを使用してデータをテーブルに挿入する方法。
データの挿入と更新のバッチ処理
テーブルへのデータの挿入または更新をバッチ処理する方法。
テーブルへのクエリー実行
テーブルからデータにクエリーを実行する方法。
テーブルのインデックス作成
インデックスを使用したテーブルからのデータのクエリー方法。
テーブルの変更
カラムを追加または変更するため、またはテーブル・プロパティを変更するためのテーブルの変更方法。
マテリアライズド・ビューの変更
ALTER MATERIALIZED VIEWコマンドを使用した、マテリアライズド・ビューのプロパティの変更。
ユーザー定義型の変更
ALTER TYPEコマンドを使用した、ユーザー定義型へのカラムの追加。
キースペース、スキーマ、またはデータの削除
DROPコマンドとDELETEコマンドの使用。
テーブルのセキュリティ保護
テーブルをセキュリティ保護する方法。
整合性レベル変更のトレース
このチュートリアルでは、これらの整合性レベルの違いと、要求の適合に関与するレプリカの数を示します。
順序指定されていないパーティショナーのページング
CQLを使用した行のページング方法。
カラムのtime-to-liveの特定
TTL関数を使用してデータを挿入したり取得したりして、カラムへの書き込みの日付と時刻を特定する方法。
書き込み日時の特定
SELECT文でWRITETIME関数を使用して、目的のカラムがデータベースに書き込まれた日付と時刻を特定することができます。
レガシー・テーブル
レガシー・テーブルの取り扱い方法。
CQLリファレンス
CQLリファレンスのトピック。
はじめに
CQLの使用について。
CQLの語彙構造
CQL入力は、データの変更、検索、格納、またはデータの格納方法の変更を行う文で構成されています。
CQLのデータ型
カラムに対する組み込みデータ型。
CQLのキースペースとテーブル・プロパティ
CQLのキースペースとテーブル・プロパティの使用について。
関数
CQLでは、1つ以上のカラム値を新しい値に変換する関数がサポートされています。
CQLの制限
CQLの上限。
cqlshコマンド
cqlshコマンド。
CQLコマンド
CQLコマンド。