EXPAND

クエリーの出力を縦方向に書式設定します。

クエリーの出力を縦方向に書式設定します。

構文

EXPAND(ON | OFF)

構文の凡例

  • 大文字はリテラルを意味する
  • 小文字は、リテラルでないことを意味する
  • イタリック体は指定が任意であることを意味する
  • パイプ(|)記号はORまたはAND/ORを意味する
  • 省略記号(...)は繰り返し可能を意味する
  • 範囲記号「(」および「)」はリテラルではなく、範囲を示す

説明

このコマンドは、データの長い行をデフォルトの横方向の書式よりも読みやすくなるように、テーブルの各行の内容を縦方向にリストします。行の続きを見るには、右方向ではなく下方向にスクロールします。カラム1の個別の行に各カラム名が表示され、カラム2に値が表示されます。

EXPAND ONのサンプル出力は以下のとおりです。

cqlsh:my_ks> EXPAND ON Now printing expanded output cqlsh:my_ks> SELECT * FROM users;
@ Row 1 ------------+---------------------------------------------- userid | samwise emails | {'samwise@gmail.com', 's@gamgee.com'} first_name | Samwise last_name | Gamgee todo | {'2013-09-22 12:01:00-0700':'plant trees'} top_scores | null @ Row 2 ------------+---------------------------------------------- userid | frodo emails | {'baggins@gmail.com', 'f@baggins.com'} first_name | Frodo last_name | Baggins todo | {'2012-10-02 12:00:00-0700':'throw my precious into mount doom'} top_scores | null (2 rows)