SHOW

現在のcqlshクライアント・セッションのCassandraバージョン、ホスト、またはトレース情報を表示します。

現在のcqlshクライアント・セッションのCassandraバージョン、ホスト、またはトレース情報を表示します。

構文

SHOW VERSION | HOST | SESSION tracing_session_id

構文の凡例

  • 大文字はリテラルを意味する
  • 小文字は、リテラルでないことを意味する
  • イタリック体は指定が任意であることを意味する
  • パイプ(|)記号はORまたはAND/ORを意味する
  • 省略記号(...)は繰り返し可能を意味する
  • 範囲記号「(」および「)」はリテラルではなく、範囲を示す

説明

SHOWコマンドでは、現在のcqlshクライアント・セッションに関する以下の情報が表示されます。

  • 接続されているCassandraインスタンスのバージョンおよびビルド番号、cqlshのCQLモード、および接続されているCassandraインスタンスによって使用されるネイティブ・プロトコル・バージョン。
  • cqlshセッションが現在接続されているCassandraノードのホスト情報。
  • 現在のcqlshセッションのトレース情報。

SHOW SESSIONコマンドは、24時間利用できるトレース・セッション情報を取得します。24時間を経過すると、トレース情報のTime To Liveが期限切れになります。

以下の例は、このコマンドの使用方法を示しています。

cqlsh:my_ks> SHOW version [cqlsh 5.0.1 | Cassandra 2.1.0 | CQL spec 3.3 | Native protocol v3] cqlsh:my_ks> SHOW host Connected to Test Cluster at 127.0.0.1:9042. cqlsh:my_ks> SHOW SESSION d0321c90-508e-11e3-8c7b-73ded3cb6170
SHOW SESSIONの出力例は以下のとおりです。
Tracing session:d0321c90-508e-11e3-8c7b-73ded3cb6170 activity | timestamp | source | source_elapsed -----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------+--------------+-----------+---------------- execute_cql3_query | 12:19:52,372 | 127.0.0.1 | 0 Parsing CREATE TABLE emp (\n empID int,\n deptID int,\n first_name varchar,\n last_name varchar,\n PRIMARY KEY (empID, deptID)\n); | 12:19:52,372 | 127.0.0.1 | 153 Request complete | 12:19:52,372 | 127.0.0.1 | 650 . . .