DataStax Enterpriseをサービスとして起動

Servicesオプションを指定したDataStax Installerから、またはRHEL/DebianパッケージからDataStax Enterpriseをインストールした場合の、DataStax Enterpriseサービスの起動。

Servicesオプションを指定したDataStax Installerから、またはRHEL/DebianパッケージからDataStax Enterpriseをインストールした場合に、DataStax Enterpriseサービスを起動する手順。

ノードはデータ・センターによって区別する必要があります。SearchAnalyticsノードは例外ですが、各種類のノードはその種類のデータ・センターに配置する必要があります。たとえば、DSE SearchノードとTransactionalノードの両方があるクラスターでは、すべてのDSE Searchノードを1つ以上の検索データ・センターに配置し、すべてのTransactionalノードを1つ以上のCassandraデータ・センターに配置する必要があります。

混在ワークロード・クラスター(ノードの各種類に対して1つ以上のデータ・センター)をデプロイする場合、どのノードをCassandraノード、Analyticsノード、DSE Graphノードのみ、DSE Graphノードと他の種類のノード、およびDSE Searchノードとして起動するかを決めます。最初にシード・ノードから、Analyticsシード・ノード、Cassandraシード・ノードの順に起動し、その後クラスターの残りのノードを1つずつ起動します。詳細については、「複数データ・センターのデプロイ」を参照してください。

/etc/default/dseの以下のエントリで、ノードの種類を設定します(起動スクリプトは/etc/init.dにもあります)。
注: すべてのノードはDataStax Enterpriseノードで、Cassandraデータベースを実行します。
  • GRAPH_ENABLED=1は、ノードをDSE Graphノードとして起動します。
    注: OpsCenterを使用してDSE Graphデータ・センターを作成することもできます。
  • SOLR_ENABLED=1は、ノードをDSE Searchノードとして起動します。
  • SPARK_ENABLED=1は、ノードをSparkノードとして起動し、Spark Masterサービスを開始します。
  • Cassandraのみ、BYOH、またはBYOSノードの場合、これらの設定は0にするか、指定しない必要があります。
表 1. 起動オプション
ノード・タイプ 設定
Cassandraノード

Transactionalノード

NODE_TYPES=0 にするか、指定しません。
注: エントリなしは、無効にするのと同じです。
DSE Graphノードのみ

Graphが有効なCassandraノード。

GRAPH_ENABLED=1

その他の起動オプション:0 にするか、指定しません。

注: データ・センター内のすべてのノードについて、DSE Graphを有効にする必要があります。
DSE Graph + Spark

DSE AnalyticsとDSE Graph

GRAPH_ENABLED=1
SPARK_ENABLED=1

その他の起動オプション:0 にするか、指定しません。

DSE Graph + BYOS

DSE GraphとBring Your Own Spark

Sparkノードは、DataStax以外のベンダーからの別個のSparkクラスターで実行されます。

GRAPH_ENABLED=1

その他の起動オプション:0 にするか、指定しません。

DSE Graph + DSE Search

DSE GraphとDSE Search

GRAPH_ENABLED=1
SOLR_ENABLED=1

その他の起動オプション:0 にするか、指定しません。

Sparkノード

DSE AnalyticsとSpark。

Sparkは、パッケージ型インストールで分析ノードを起動する場合のデフォルトのモードです。

SPARK_ENABLED=1

その他の起動オプション:0 にするか、指定しません。

BYOSノード

Bring Your Own Spark

Sparkノードは、DataStax以外のベンダーからの別個のSparkクラスターで実行されます。

BYOSノードをCassandraノードとして設定します。

NODE_TYPES=0 にするか、指定しません。

SearchAnalyticsノード

統合されたDSE SearchAnalyticsクラスターでは、検索クエリーを使用して分析ジョブを実行できます。

SPARK_ENABLED=1
SOLR_ENABLED=1

その他の起動オプション:0 にするか、指定しません。

始める前に

DSE Analyticsノードを起動する前に、レプリケーション係数がAnalyticsキースペースについて正しく構成されていることを確認します。新しいデータ・センターを追加するたびに、新しいDSE Analyticsデータ・センターについて、dse_leasesキースペースのレプリケーション係数を手動で増やす必要があります

手順

DataStax Enterpriseが実行されている場合は、ノードを停止します

  1. /etc/default/dseファイルでノード・タイプを設定します。
    たとえば、DSE Searchのみとしてノードを設定するには、次のようにします。
    SOLR_ENABLED=1
    GRAPH_ENABLED=0
    SPARK_ENABLED=0
    注: または、他の起動エントリーを省略して、SOLR_ENABLED=1のみを使用します。
  2. DataStax Enterpriseを起動します。
    sudo service dse start
  3. クラスターが起動して実行中であることを確認するには:
    nodetool status

    Enterprise Linuxシステムでは、DataStax EnterpriseサービスはJavaプロセスとして実行されます。

    注: 問題が発生した場合は、「DataStax Enterpriseの起動に関するトラブルシューティング」を参照してください。

    nodetoolコマンドは、ノード・タイプとその状態を表示します。たとえば、DSE Analyticsのvnodesが有効でない場合、正常状態(UN)で実行中のノードは以下を示します。

    Datacenter:Analytics
    =====================
    Status=Up/Down
    |/ State=Normal/Leaving/Joining/Moving
    --  Address         Load       Owns    Host ID                               Token                 Rack
    UN  172.16.222.136  103.24 KB  ?3c1d0657-0990-4f78-a3c0-3e0c37fc3a06  1647352612226902707   rack1

    vnodesが有効な場合、正常状態(UN)で実行中のCassandraノードは以下を示します。

    Datacenter:Cassandra
    =====================
    Status=Up/Down
    |/ State=Normal/Leaving/Joining/Moving
    --  Address      Load       Tokens  Owns   Host ID                               Rack
    UN  127.0.0.1  82.43 KB   128     ?40725dc8-7843-43ae-9c98-7c532b1f517e  rack1