DSEFSコマンドライン・ツール

DSEファイル・システム(DSEFS)のオプションおよびコマンド引数。

DSEFSの機能では、ファイルのアップロード、ダウンロード、移動、削除、ディレクトリーの作成、DSEFSステータスの確認などの操作がサポートされています。

DSEFSコマンドは、論理データ・センターでのみ使用可能です。セキュアなクラスターおよびセキュアでないクラスターとのDSEFSの連携については、「DSEFS認証」を参照してください。

DSEFSファイル・システムとは、対話型コマンドライン・シェル、DSEコマンドの一部、REST APIなど、いくつかのモードで対話できます。

対話型DSEFSコマンドライン・シェル

対話型コマンドライン・シェルを使用するには、次のようにします。
アクション コマンドライン
DSEFSシェルの起動
dse fs
dsefs / >
DSEFSプロンプトに、DSEFS上の現在の作業ディレクトリーが表示されます。DSEFSを起動する現在のローカル作業ディレクトリーは、ローカル・ファイルを検索するために使用されるデフォルト・ディレクトリーです。
DSEFSコマンド・リスト全体の表示
dsefs> help
DSEFSコマンドのヘルプの表示
dsefs> dsefs_command --help
DSEFSシェルの終了 Ctrl+Dを押すか、「exit」と入力します。

dseコマンドラインでの使用

以下のようにDSEFSコマンドの前にdseを付けます。
dse dse_auth_credentials fs dsefs_command [options]
たとえば、ファイル・システムのステータスとディスク領域の使用量をリストするには、次のようにします。
dse fs df

認証

DSEFSによる認証については、「DSEFS認証」を参照してください。

DSEFSコマンド・オプション

以下のDSEFSコマンドと引数がサポートされています。
コマンド 説明とコマンド引数
append source destination ローカル・ファイルをリモート・ファイルに追加します。
  • sourceは、データの読み取り元のローカル・ファイルへのパスです。
  • destinationは、ファイルの追加先のリモート・ファイルへのパスです。
cat file_or_files ファイルを連結し、標準出力に出力します。
  • file_or_filesは、標準出力に出力するDSEFS内の1つまたは複数のファイルです。複数のファイルはスペースで区切ります。
cd directory DSEFS内のリモート作業ディレクトリーを変更します。
  • directoryは、変更先のリモート・ディレクトリーです。
  • ..は親ディレクトリーです。
DSEFSプロンプトで、DSEFS内の現在の作業ディレクトリーが特定されます。
  • dsefs / >はデフォルト・ディレクトリーです。
  • dsefs /dir2 > は現在の作業ディレクトリーです。 dir2
df ファイル・システムのステータスとディスク領域の使用量をリストします。このコマンドには引数がありません。
exit DSEFSシェル・クライアントを終了します。Ctrl+Dを押してもシェルを終了できます。
get source destination DSEFSリモート・ファイル・システムからファイルを取得し、そのファイルをローカル・ファイル・システムにコピーします。
  • sourceは、コピー対象のDSEFSリモート・ファイルへのパスです。
  • destinationは、作成対象のローカル・ファイルへのパスです。
fsck ファイル・システムの整合性チェックを実行します。
ls [options] [file_system_entry_or_entries] 現在の作業ディレクトリー内のDSEFSファイル・システム・エントリー(ファイルまたはディレクトリー)をリストします。
  • -rは、サブディレクトリーを再帰的にリストします。
  • -lは、メタデータを含む長いリスト形式を使用します。
  • file_system_entry_or_entriesは、コンテンツをリストする1つまたは複数のディレクトリーです。
mv source destination|destination/ ファイルまたはディレクトリーを移動または名前変更します。
  • sourceは、移動対象のDSEFSファイル・システム・エントリーへのパスです。
  • DSEFSの移動先パス:
    • destinationは、移動対象のファイルまたはディレクトリーの名前を含む完全な移動先パスです。
    • destination/は完全な移動先パスです。スラッシュ(/)は、元のファイルまたはディレクトリー名を保持するように指定します。
mkdir [options] dir_or_dirs 新しい1つまたは複数のディレクトリーを作成します。
  • -pは、必要に応じて親ディレクトリーを作成します。
  • -b bytesは、このディレクトリー内に格納されたファイルの望ましいブロック・サイズです。
  • -n num_nodesは、DSEFS内に作成するファイル・データのレプリカ数です。この冗長性係数は、Cassandraデータベース・キースペースのレプリケーション係数に似ていますが、より粒度が細かくなります。データ喪失が発生する前に失敗してもよいノード数よりも1だけ大きい値にこの値を設定します。たとえば、2つのノードの失敗を容認する場合は、この値を3に設定します。単純なレプリケーションの場合、レプリケーション係数に等しい値を使用できます。
  • dir_or_dirsは、作成する1つまたは複数のディレクトリーです。
put [options] source destination ローカル・ファイルをDSEFSにコピーします。
  • -oは、コピー先のファイルを上書きします(ファイルが存在する場合)。
  • -b bytesは、望ましいブロック・サイズです(単位はバイト)。
  • -n num_nodesは、DSEFS内に作成するファイル・データのレプリカ数です。この冗長性係数は、Cassandraデータベース・キースペースのレプリケーション係数に似ていますが、より粒度が細かくなります。データ喪失が発生する前に失敗してもよいノード数よりも1だけ大きい値にこの値を設定します。たとえば、2つのノードの失敗を容認する場合は、この値を3に設定します。単純なレプリケーションの場合、レプリケーション係数に等しい値を使用できます。
  • sourceは、ローカル・ソース・ファイルへのパスです。
  • destinationは、DSEFS上に作成されるコピー先ファイルへのパスです。
rename path name 現在の場所でファイルまたはディレクトリーの名前を変更します。
  • pathは、名前を変更するファイル・システム・エントリーへのパスです。
  • nameは、ファイル・システム・エントリーの新しい名前です。
stat file_or_dir [-v] ファイル・システム・エントリーのステータスを表示します。
  • file_or_dirは、ステータスを表示するファイル・システム・エントリーです。
  • -vは、ファイルのステータスに関する非常に詳細な情報を出力します。
truncate file ファイルを0バイトに切り詰めます。ファイルのメタデータを保持するのに役立ちます。
  • fileは、切り詰めるファイルです。
umount [options] locations ファイル・システムのストレージ場所をアンマウントします。
  • -fは、その場所が使用できない場合でも、強制的にアンマウントを行います。
  • locationsは、アンマウントする場所の1つまたは複数のUUID(Universal Unique Identifier:汎用一意識別子)です。UUIDはdfコマンドから取得します。

DSEFSシェルを使用すると、これらのコマンドによってローカルbluefileがリモートDSEFS greenfileに配置されます。
dsefs / >  ls -l 
dsefs / >  put bluefile greenfile
DSEFSディレクトリーで新しいファイルを表示するには、次のようにします。
dsefs / >  ls -l 
Type  Permission  Owner  Group  Length  Modified                  Name                        
file  rwxrwxrwx   none   none       17  2016-05-11 09:34:26+0000  greenfile  
dseコマンドを使用すると、これらのコマンドによってtest2ディレクトリーが作成され、ローカルREADME.mdファイルが新しいDSEFSディレクトリーにアップロードされます。
dse fs "mkdir /test2"
$ dse fs "put README.md /test2/README.md"
新しいディレクトリーのリストを表示するには、次のようにします。
dse fs "ls -l /test2"
Type  Permission  Owner  Group  Length  Modified                  Name
file rwxrwxrwx none none 3382 2016-03-07 23:20:34+0000 README.md
1つのコマンドラインで2つ以上のdseコマンドを使用できます。これは、JVMが起動され、1回だけDSEFSと接続/接続解除されるため、速度が速くなります。例:
dse fs "mkdir / test2" "put README.md /test/README.md"