DataStaxインストーラーを使用したインストール(rootパーミッションが必要)

rootパーミッションがある場合に、DataStaxインストーラーを使用してDataStax Enterpriseをインストールする手順。このインストーラーを使用して、Linuxベースのプラットフォームにインストールまたはアップグレードできます。

rootパーミッションがある場合に、DataStaxインストーラーを使用してDataStax Enterpriseをインストールする手順。このインストーラーを使用して、Linuxベースのプラットフォームにインストールまたはアップグレードできます。Rootパーミッションがない場合は、DataStaxインストーラー(rootパーミッションなし)を使用します。以前のバージョンをインストールするには、「以前のバージョンのインストール」を参照してください。

重要: DataStax Enterprise 5.0では、Cassandra 3.0およびCQL 3.3を使用します。

始める前に

実稼働環境での推奨設定」および「DataStax Enterprise Reference Architecture」ホワイト・ペーパーも参照してください。

表 1. ハードウェアの要件
要件 最低 実稼働
CPU 2 16
メモリー 8 GB 24 GB
データ・ディレクトリー 20 GB 200 GB
コミット・ログ・ディレクトリー 20 GB 200 GB
保存されるキャッシュのディレクトリー 20 GB 200 GB
ログ・ディレクトリー 20 GB 200 GB
実稼働環境の要件は、データとワークロードの量によって異なります。

インストーラーについて

Developer Related Tools]を選択した場合は、DataStaxインストーラーによってDataStax EnterpriseとDataStax Studioがインストールされます。OpsCenterまたはDevCenterはインストールされません。「OpsCenterのインストール」または「DevCenterのインストール」を参照してください。

インストーラーは、一部のcassandra.yamlパラメーターを設定しますが、すべてではありません。dse.yamlプロパティは設定しません。残りのパラメーターは以下の方法で設定することができます。
  • インストール後に手動で設定。
  • コマンドラインまたはプロパティ・ファイル・オプションのいずれかとともに無人インストールを使用。これらのオプションでは、以下を使用して、構成済みのcassandra.yamlファイルとdse.yamlファイルを指定できます。--cassandra_yaml_template filename および --dse_yaml_template filename

手順

ターミナル・ウィンドウで:

  1. ご使用のコンピューター用のインストーラーをDataStaxダウンロード・ページからダウンロードします。
  2. インストール・ファイルをダウンロードしたディレクトリーで、パーミッションを実行可能に変更します。
    chmod +x DataStaxEnterprise-5.0.x-linux-x64-installer.run
  3. インストーラー・ヘルプを表示するには、以下のように入力します。
    ./DataStaxEnterprise-5.0.x-linux-x64-installer.run --help

    ヘルプ画面に、使用可能なオプションとそのデフォルト設定のリストが表示されます。

  4. インストールを開始します。
    • 構成パラメーターがない場合:
      sudo ./DataStaxEnterprise--5.0.x-linux-x64-installer.run
      $ sudo ./DataStaxEnterprise-5.0.x-linux-x64-installer.run --mode text
    • 構成パラメーターがある場合:
      $ sudo ./DataStaxEnterprise-5.0.x-linux-x64-installer.run --prefix /usr/share/dse --enable_vnodes 0 ## Command line option.
      $ sudo ./DataStaxEnterprise-5.0.x-linux-x64-installer.run --optionfile ../datastax/DC4-analytics.prop ## Property file option.

      構成パラメーターについては、「DataStaxインストーラー(無人)」に記載されているインストーラーのオプションを参照してください。

    インストーラーが起動します。

  5. ライセンス契約に同意したら、[Services and Utilities]を選択します。
    • Service Setup
      • No Services:このインストール方法では、DataStax Enterpriseはスタンドアローン・プロセスとして設定されます。rootまたはsudoアクセスは必要ありません。 「DataStaxインストーラー(rootパーミッションなし)」を参照してください。
      • Services and Utilities:このインストール方法では、DataStax Enterpriseはサービスとして設定されます。DataStax Enterpriseはシステムの場所にインストールされます。
    • Install Type
  6. ノードを設定します。
    表 2. Node Setup
    Default Interface DataStax Enterpriseサーバーのネットワーク・インターフェイス

    単一ノードのクラスターの場合は、127.0.0.0を使用します。

    Cluster Name クラスターの名前。クラスター内の各ノードに同じクラスター名を使用する必要があります。
    Seeds すべてのノードは、シード・ノード・リストを使用して、相手を探し、リングのトポロジーを学習します。すべてのノードをシード・ノードにしないでください。以下を参照してください。

    単一ノードのクラスターの場合は、空に設定します。

    Developer Related Tools(高度なインストールのみ) 以下が含まれます。
  7. DataStax Enterpriseが既にインストールされている場合は、インストーラーによってアップグレード情報が表示され、DataStax Enterpriseが次の場所にインストールされます。
    • Installer-Servicesインストール /usr/share/dse
    • No Servicesインストール: 以前のインストール場所
    重要: 既存のクラスターをアップグレードする前に、『アップグレード・ガイド』を参照してください。
  8. ノード・タイプを設定します。
    表 3. DSEの設定
    DSE Analytics Spark
    DSE Search DSE Search(Solr)を使用すると、Cassandraデータベースに保存されているデータの検索アプリケーションを簡単に使用できます。
    DSE Graph DSE Graphは、高度に接続されたデータを管理、分析、および検索するためのグラフ・データベースです。
    DSE Advanced Replication DSE Advanced Replicationでは、ネットワークまたはインターネットのダウンタイムが一定期間発生する可能性があるリモート・クラスターから一方向に、分散されたデータのレプリケーションをサポートします。
  9. 残りのオプションを設定します。

    使用可能なオプションは、インストール、パーミッション、およびそれ以前の選択内容によって異なります。

    表 4. その他の設定
    Update Operating System 一部のシステム・パッケージと依存関係を更新します。Javaなどの主要なコンポーネントをアップグレードしたり、インストールしたりしないでください。
    Start services インストールの完了時にすべてのサービスを開始する場合は[Yes]を選択し、インストール後に追加の構成が必要な場合は[No]を選択します。
    Type of analytics Spark only
    OpsCenter Address OpsCenterをデフォルトのブラウザーで起動します。
    Run PFC プリフライト・チェックを有効または無効にします。
  10. オプション: プリフライト・チェックを設定します。

    プリフライト・ツールとは、ノードの構成を検知して修正できるテストを集めたものです。このツールを使用すれば、多くの無効な構成設定や最適化されていない構成設定を検知して修正できます。このツールは、tarボール・インストールまたはNo Servicesインストールでは使用できません。

    表 5. プリフライト・チェック・オプションこれらのオプションは、[Run PFC]が選択されている場合に表示されます。
    Attempt to Fix Issues DataStax Enterpriseが無効な構成設定や最適化されていない構成設定を修正できるようにします。
    SSD Drives ソリッド・ステート・ドライブのパスを入力します。ドライブをコンマで区切ります。
    Drives ハード・ドライブのパスを入力します。ドライブをコンマで区切ります。
    Time to run Disk Benchmarks 定格負荷をシミュレーションするよう設定します。
    Threads per Disk Benchmark 定格負荷をシミュレーションするよう設定します。
  11. デフォルトのユーザーとユーザー・グループを変更します(高度なインストールのみ)。
    表 6. User Setup
    OS User ID for Service デフォルト:cassandra。DataStax Agentはユーザーcassandraを使用するため、DataStaxではデフォルトを変更することを推奨していません。デフォルトを変更した場合、DataStax Agentを手動でインストール、更新、および構成する必要があります。
    OS User Group for Service デフォルト:cassandra。上記を参照してください。
  12. デフォルトのクラスター設定を変更します(高度なインストールのみ)。
    表 7. Ring Options
    Enable Virtual node(vnodes) 仮想ノードを有効または無効にします。
    Number of tokens vnodeに推奨されるトークン数
    • Cassandra(トランザクション)ノード: 128
    • 分析ノード(Spark): 128
    • Searchノード:16または 32
    • DSE Graph:128。DSE Searchとともに使用する場合は、16または32
    リッスン・アドレス cassandra.yamlパラメーター:listen_address
    RPC Address cassandra.yamlパラメーター:rpc_address
  13. デフォルトのディレクトリーの場所を変更します(高度なインストールのみ):
    表 8. Directory Locations
    Commitlog Directory cassandra.yamlパラメーター:commitlog_directory
    Saved Caches Directory cassandra.yamlパラメーター:saved_caches_directory
    Hints Directory cassandra.yamlパラメーター:hints_directory
    Logs Directory ログ・データ。
  14. デフォルトのポートを変更します(高度なインストールのみ):
    表 9. ポート
    Storage Port cassandra.yamlパラメーター:storage_port
    SSL Storage Port cassandra.yamlパラメーター:ssl_storage_port
    RPC Port cassandra.yamlパラメーター:rpc_port
  15. System Configuration]で、可能性のある問題に関する警告を確認します。
  16. インストールが完了したら、インストール・ログを確認して、インストールの状況を確認します。
    注: ログを閉じたら、ServicesまたはNo-Servicesのインストーラーの場所を確認します。

    DataStax Enterpriseは、追加の構成を開始できる状態です。

  17. オプション: 単一ノード・クラスターでのインストールのみ:
    1. DataStax Enterpriseがまだ実行されていない場合:
      sudo service dse start
      注: 他の起動オプションについては、「サービスとして起動」を参照してください。
    2. DataStax Enterpriseが実行中であることを確認します。
      vnodeを使用している場合:
      nodetool status
      Datacenter:Cassandra
      =====================
      Status=Up/Down
      |/ State=Normal/Leaving/Joining/Moving
      --  Address      Load       Tokens  Owns   Host ID                               Rack
      UN  127.0.0.1  82.43 KB   128     ?40725dc8-7843-43ae-9c98-7c532b1f517e  rack1
      vnodeを使用していない場合:
      nodetool status
      Datacenter:Analytics
      =====================
      Status=Up/Down
      |/ State=Normal/Leaving/Joining/Moving
      --  Address         Load       Owns    Host ID                               Token                 Rack
      UN  172.16.222.136  103.24 KB  ?3c1d0657-0990-4f78-a3c0-3e0c37fc3a06  1647352612226902707   rack1

次のタスク

cassandra.yamlファイルの場所は、インストールのタイプによって異なります。
パッケージ・インストール /etc/dse/cassandra/cassandra.yaml
tarボール・インストール install_location/resources/cassandra/conf/cassandra.yaml
dse.yamlファイルの場所は、インストールのタイプによって異なります。
Installer-Services /etc/dse/dse.yaml
パッケージ・インストール /etc/dse/dse.yaml
Installer-No Services install_location/resources/dse/conf/dse.yaml
tarボール・インストール install_location/resources/dse/conf/dse.yaml