どのインストール方法を使用すればよいか

DataStax Enterpriseはいくつかの方法でインストールできます。このトピックでは、目的に合った最適な方法を選択するための指針を示します。

DataStax Enterpriseは、インストールの目的、オペレーティング・システムのタイプ、使用可能なパーミッションに応じて、いくつかの方法でインストールできます。必ず、サポートされているプラットフォームにインストールしてください。

注: まずOpsCenterをインストールしてからLifecycle Managerを使用して、DataStax Enterpriseクラスターを作成および構成することで、DataStax Enterpriseをインストールすることもできます。Lifecycle Managerでは、サポートされているプラットフォームに独自のインスタンスを生成する必要があります。
表 1. DataStax Enterpriseのインストール・タイプ
インストール方法 タイプ 詳細
DataStaxインストーラー(rootパーミッション) DataStaxインストーラー 次のような多数のオプションが用意された、Linux GUIベース/テキスト・インストーラー
  • ServicesまたはNo Servicesインストール。No Servicesインストールは、tarボール・インストールと似ています。
  • 分析、グラフ、検索、トランザクションなどのノード・タイプを設定します。
  • クラスター、ノード、およびDataStax Enterprise設定を構成します。
  • 一部のシステム・パッケージと依存関係を更新します。
  • ノードをアップグレードし、変更内容とバックアップ・ファイルのリストを出力します。
  • DataStax Studio、Javadoc、DSE Graph Loader、DSEデモなどの開発者関連ツールをインストールします。
  • プリフライト・チェックを実行します。これは、多くの無効な構成設定や最適化されていない構成設定を検知し、任意で修正するためのツールです。
DataStaxインストーラー(rootパーミッションなし) DataStaxインストーラー 上記と同じオプション。rootパーミッションがない場合に使用します。ただし、rootパーミッションがない場合、システム・パッケージと依存性を更新することはできません。
Mac OS X用のDataStaxインストーラー DataStaxインストーラー 開発にのみ使用。GUIベースのインストーラーを使用して、Mac OS XにDataStax Enterpriseをインストールします。Linuxインストーラーのオプションのほとんどが用意されています。
DataStaxインストーラー(無人) DataStaxインストーラー コマンドラインまたはプロパティ・ファイルのコマンドを使用してDataStax Enterpriseをインストールします。このインストーラーを使用すると、cassandra.yamldse.yamlのプロパティを含め、DataStax Enterpriseを完全に構成できます。
パッケージ・インストーラー(Yumを使用) Package Yumリポジトリを使用して、RHELベースのシステムにDataStax Enterpriseをインストールします。rootパーミッションが必要です。
パッケージ・インストーラー(APTを使用) Package APTを使用して、DebianベースのシステムにDataStax Enterpriseをインストールします。rootパーミッションが必要です。
バイナリーtarボール・インストーラー バイナリーtarボール サポートされているLinuxベースのプラットフォームにDataStax Enterpriseをインストールします。
クラウド・プロバイダーへのインストール Amazon EC2、CenturyLink Cloud、Google Compute Engine、およびMicrosoft AzureにDataStax Enterpriseをインストールしてデプロイする手順。