Solrパフォーマンス統計の収集

dse.yamlのsolr_latency_snapshot_optionsパラメーターを有効にし、必要に応じてその他のオプションを設定します。

solr_latency_snapshot_optionsが有効になっている場合、パフォーマンス・サービスは、必要なテーブルを作成し、指定されたデータ・ソースから関連するスナップショットを定期的に更新するジョブをスケジュールします。

以下のスナップショットは、パフォーマンス統計を収集します。

デフォルトでは、すべてのオブジェクトが無効にされています。

手順

  1. dse.yamlファイルを編集します。
    dse.yamlファイルの場所は、インストールのタイプによって異なります。
    Installer-Services /etc/dse/dse.yaml
    パッケージ・インストール /etc/dse/dse.yaml
    Installer-No Services install_location/resources/dse/conf/dse.yaml
    tarボール・インストール install_location/resources/dse/conf/dse.yaml
  2. dse.yamlファイルのsolr_latency_snapshot_optionsパラメーターの下のenabledtrueに変更し、必要に応じてその他のオプションを設定します。
    # Solr latency snapshot options
    solr_latency_snapshot_options:
    enabled:true
    ttl_seconds: 604800
    refresh_rate_ms: 60000

    デフォルトでは、すべてのオブジェクトが無効にされています。

    表 1. オプション
    オプション Determines
    enabled 起動時にオブジェクトが有効にされるかどうか。
    ttl_seconds パフォーマンス・オブジェクトから期限切れになる前にレコードを保持する秒数。
    refresh_rate_ms solr_result_cache_statsなどの統計を定期的に更新するサンプル記録間隔(単位はミリ秒)。