事前チェック・ツール

事前チェック・ツールは、DataStax Enterpriseノードの構成設定を検知して、オプションで修正するテストの集合です。

事前チェック・ツールは、ノードの構成を検知して修正するためにDataStax Enterpriseノードで実行可能なテストの集合です。このツールを使用すれば、ユーザー・リソース制限、スワップ、ディスク設定など、多くの無効な構成設定や最適化されていない構成設定を検知して、オプションで修正できます。

Installer-Servicesおよびパッケージのインストールでは、事前チェック・ツールは/usr/share/dse/tools/pfcにあります。このツールは、No-Serviceおよびtarボールのインストールでは使用できません。

使用法

cd /usr/share/dse/tools/pfc
$ sudo ./preflight_check options
表 1. オプション
オプション オプション 説明
--help -h ヘルプを表示して終了します。
--fix -f 問題の修正を試行します。
--yaml=YAML_LOCATION cassandra.yamlファイルの場所
--devices=DEVICES HDDのコンマ区切りリスト:

/dev/sda,/dev/sdb,...

--disk-duration=DISK_DURATION 各テスト・ディスク・ベンチマークの時間(単位は秒)。

通常の負荷をシミュレートするように設定します。

--disk-threads=DISK_THREADS 各ディスク・ベンチマークのスレッド数。

通常の負荷をシミュレートするように設定します。

--ssd=SSD SSDのコンマ区切りリスト:

/dev/sda,/dev/sdb,...

--nossd ノードにSSDがありません。
cassandra.yamlファイルの場所は、インストールのタイプによって異なります。
パッケージ・インストール /etc/dse/cassandra/cassandra.yaml
tarボール・インストール install_location/resources/cassandra/conf/cassandra.yaml