検索のヒント
CQLについて
CQL(Cassandraクエリー言語)は、DataStax Enterpriseデータベース用のクエリー言語です。
DataStax Enterpriseデータベースを設計する際に従うべき基本的な規則。
データ・モデリングの概念
Pro Cyclingの例を使用して、データ・モデリングへのクエリー駆動型のアプローチを説明します。
データ・モデリング分析
ストレージ、容量、冗長性および整合性に基づいて設計を分析します。
CQLコマンド構文と規則を示し、CQLシェル(cqlsh)の使用手順について説明します。
CQLを使用したデータへのアクセス
cqlshユーティリティの起動手順を含む、CQLコマンドを実行するためのリソース。
CQLコマンド構文について
CQL文を記述する上での基本的な規則と制限事項について説明します。
キースペースの作成と削除を行い、レプリケーション係数(データ可用性)を管理します。
キースペースについて
テーブル、マテリアライズド・ビューと、ユーザー定義の型、関数、集計を含み、データ・レプリケーション係数を制御する最上位のデータベース・オブジェクト。
キースペースの作成
新しいキースペースを追加し、レプリケーション係数を設定します。
レプリケーション係数の変更
レプリケーション係数を大きくすると、クラスターに格納されているキースペース・データのコピーの総数が増加します。
キースペースの削除
キースペースとその中に含まれているすべてのデータベース・オブジェクトを削除します。
システム・キースペース・テーブルについて
システム・キースペース・テーブルにあるデータベース・オブジェクトやクラスター構成に関する詳細を示します。
カスタマイズしたユーザー定義の関数、集計、および型を作成、置換、変更、および削除します。
ユーザー定義関数(UDF)の作成
SELECT、INSERTおよびUPDATE文で使用するカスタム関数を、Javaやその他のプログラミング言語を使用して作成します。
ユーザー定義集計関数(UDA)の作成
ユーザー定義集計(UDA)を使用すると、複数のデータ行に格納されているデータを操作できます。返された結果は最後の関数によってさらに操作されます。
ユーザー定義型の変更
ALTER TYPEコマンドを使用した、ユーザー定義型へのカラムの追加。
ユーザー定義関数(UDF)の削除
DROPコマンドを使用してユーザー定義関数(UDF)を削除する方法。
データを格納するテーブルの作成方法。
テーブルの作成
CQLテーブルの作成方法。
マテリアライズド・ビューの作成
CQLマテリアライズド・ビューの作成方法。
カウンター・テーブルの作成
カウンターは、インクリメントで変化する数値を格納するための特殊なカラムです。
COMPACT STORAGEを使用したテーブルの作成
従来の(Thrift)ストレージ・エンジン形式と互換性のあるテーブルを作成します。
テーブル・スキーマ衝突の修正
スキーマ衝突の問題の修正方法。
テーブルの変更
カラムを追加または変更するため、またはテーブル・プロパティを変更するためのテーブルの変更方法。
マテリアライズド・ビューの変更
ALTER MATERIALIZED VIEWコマンドを使用した、マテリアライズド・ビューのプロパティの変更。
テーブルまたはマテリアライズド・ビューの削除
DROPコマンドを使用してキースペース、テーブル、またはマテリアライズド・ビューを削除するためのステップ。
テーブルのインデックス作成
インデックスを使用したテーブルからのデータのクエリー方法。
SELECT文を使用してデータ・セットをテーブルから取得します。
SELECT文について
テーブルからデータを取得します。
整合性レベルの設定
読み取り要求によって返されるデータの精度を制御するには、整合性レベルを設定します。
WHERE句を使用したクエリーの制限
WHERE句でパーティションとクラスター化カラムを制限する方法について説明します。
結果のソートと制限
単純なクエリーの場合のSELECTコマンドの使用。
コレクションを返す
コレクションからデータを取得する方法。
結果の集計
SELECTコマンドを使用して、データを返し、標準集計関数を適用します。
ユーザー定義関数(UDF)の使用
SELECTコマンドを使用してデータを取得し、UDFを適用します。
書き込みタイムスタンプを返す
SELECT文でWRITETIME関数を使用して、目的のカラムがデータベースに書き込まれた日付と時刻を特定することができます。
クエリー結果をJSON形式に設定する
SELECTコマンドを使用して、JSONデータを返します。
レガシー・テーブル
レガシー・テーブルの取り扱い方法。
通常のデータまたはJSONデータを使用してデータをテーブルに挿入する方法。
INSERTおよびUPDATEを使用した値の書き込み
INSERTコマンドを使用してセット・データを挿入します。
軽量トランザクションの使用
IF句を使用するINSERTおよびUPDATE文は、Compare and Set(CAS)とも呼ばれる軽量トランザクションをサポートしています。
JSON形式の値の挿入
クエリーをテストするため、INSERTコマンドを使用してJSONデータを挿入します。
CSVファイルからのデータのインポート
cqlshコマンドCOPYを使用したCSVファイルからのデータの挿入は、クエリーの一般的なテスト方法です。
値の削除
カラム内の値をnullに置き換える、またはデータの行全体を削除するには、DELETEコマンドを使用します。
Time To Liveを使用したデータの期限の設定
Time To Live(TTL)を使用して、カラムまたはテーブル内のデータの期限を設定します。
複数の書き込みを同じコマンドで実行します。
挿入、更新、および削除のバッチ処理
挿入、更新、および削除のバッチ処理。
BATCH文の適切な使用法
BATCH文の使用法。
BATCH文の誤った使用
BATCH文の誤った使用法。
CQLリファレンスのトピック。
はじめに
CQLの使用について。
CQLのデータ型
CQLカラム型について説明します。
CQLネイティブ関数
1行のデータの値を処理して新しい値を作成するスカラー関数について説明します。
CQLネイティブの集計
SELECT文に一致する行のセットを処理して単一値を返します。
CQLシェル・コマンド
CQLシェル(cqlshユーティリティ)コマンド。
CQLコマンド
CQLコマンド。
このガイドで使用されるサイクリングの例を設定するためのCQLコマンド。
サイクリング・テーブル
サイクリングの例のテーブルを作成し、対応するデータを挿入するCQLコマンド。