タプルおよびUDTフィールドのインデックス作成

既存の検索インデックスにCQLタプル型およびユーザー定義型(UDT)カラムを追加します。

ガイドライン

タプル型とユーザー定義型(UDT)を含む高度なデータ型についてのガイドライン:
  • 位置指定された型付きのフィールドを要素とする固定要素数の集合を保持する新しいtupleデータ型。UDTの代わりにタプルを使用できます。
  • UDTを使用すると、テーブル内で関連する情報を持つ複数のフィールドを処理しやすくなります。UDTはタプルの特殊な型です。タプルに関するすべての例とドキュメント・リファレンスは、タプルとUDTのどちらにも適用されます。

    情報を別のテーブルに格納するのではなく、UDTを使用して関連する情報のフィールドを表すことで、複数のテーブルを必要とするアプリケーションを簡素化できます。

DSE Searchがサポートしていないもの:

パフォーマンスとメモリー

タプルとUDTの読み取り/書き込みは1つの情報単位として行われます。タプルとUDTを使用する場合は、パフォーマンスとメモリーへの影響を考慮してください。サブフィールドはタプルまたはUDT全体として管理され、個別には処理されません。

ハイライト

既存の検索インデックスにCQLタプル型およびユーザー定義型(UDT)カラムを追加します。
  • DataStaxのタプル・クラス(com.datastax.bdp.search.solr.core.types.TupleField)を使用してテーブル・カラムのフィールドを定義します。
  • 対応するSolrフィールド型を使用して、CQLのタプル・カラムまたはUDTカラム内の各値のフィールドを定義します。
    注: スキーマ・フィールド名はcolumn_name.fieldNです。ここで、column_nameはCQLカラムと一致し、Nは1から始まるフィールドの位置です。