更新メトリクスMBean

更新メトリクスMBeanは、インデックス作成パフォーマンスの調整に役立ちます。

このMBeanは、インデックス更新を実行するのにかかった時間を記録し、以下のメイン・フェーズに分割されます。

書き込み
検索ドキュメントを変換して、データベースに書き込むのにかかった時間(SOlrj HTTP APIでインデックスを作成する場合にのみ使用可能)。
QUEUE
インデックス更新タスクをインデックス・プールに配置するのにかかった時間。
PREPARE
実際のインデックス更新の準備にかかった時間。
EXECUTE
Apache Lucene®でインデックスの更新を実行するのに実際にかかった時間。

更新メトリクスMBeanは、バック・プレッシャー、スレッドのインデックス作成、RAMのバッファー・サイズ、マージ係数など、インデックス作成パフォーマンスに影響を及ぼすすべての要因の調整に使用されます。

MBean演算子

以下のMBean演算子が提供されています。
  • setEnabled(boolean enabled)

    メトリクスの記録を有効/無効にします(デフォルトでは有効)。

  • isEnabled()

    メトリクスの記録が有効になっているかどうかを確認します。

  • getLatencyPercentile(String phase, double percentile)

    フェーズごとにコミット・レイテンシーのパーセンタイルを取得します。

  • getRecordedLatencyCount(String phase)

    フェーズごとに記録されたレイテンシーのメトリクス数の合計を取得します。

  • getUnrecordedLatencyCount()

    最大追跡レイテンシーを超えたために記録されなかったレイテンシー値の合計数を取得します。

  • resetLatency(String phase)

    指定されたフェーズのレイテンシー・メトリクスをリセットします。

  • resetLatencies()

    すべてのレイテンシー・メトリクスをリセットします。

最大追跡レイテンシーは10分です。レイテンシー値は10マイクロ秒単位です。