検索インデックスの管理について

DSE Search用の統合CQL検索インデックス・コマンドの概要。

以下のDSE Search CQLコマンドを使用して、検索インデックスを管理します。
  • CREATE SEARCH INDEX デフォルトのスキーマと構成を使用して、既存のテーブルに対して新しい検索インデックスを作成します。
  • DESCRIBE SEARCH INDEX XML形式でアクティブまたは保留中のスキーマと構成を表示します。
  • ALTER SEARCH INDEX CONFIG 検索インデックス構成を変更します。変更後、再読み込みにより変更をライブにプッシュします。
  • ALTER SEARCH INDEX SCHEMA 検索インデックス・スキーマを変更します。変更後、再読み込みにより変更をライブにプッシュします。
  • RELOAD SEARCH INDEX 保留中の変更をインデックスのスキーマと構成に読み込みます。インデックス・フィールドの追加や削除などの一部の変更にはリビルドが必要です。
  • REBUILD SEARCH INDEX アクティブなスキーマと構成を使用して検索インデックスを再作成します。
  • COMMIT SEARCH INDEX 対応するCQLテーブルでデータの追加、変更、削除を行った後に、インデックスへのデータの再読み込みを強制します。
  • DROP SEARCH INDEX 検索インデックスと対応するファイルを削除します。
ヒント: インデックス構成ペア(スキーマと構成)が格納され、DSEデータベース・テーブルsolr_admin.solr_resourcesに保持されます。

dsetoolコマンドを使用した検索インデックス・リソースのローカル・ノード管理(任意)。

要確認: DSEの権限管理が有効になっている環境では、検索インデックス・コマンドを実行するためのパーミッションを付与する必要があります。「検索インデックス・パーミッションの管理」を参照してください。