構成プロパティ

DSE Search構成プロパティのリファレンス情報。

DSE Search構成プロパティのリファレンス情報。

cassandra.yaml内のデータの場所

検索インデックスの場所の設定」を参照してください。
data_file_directories
テーブル・データが格納されるディレクトリーの場所(SSTable内)。データベースは、構成されているコンパクション・ストラテジの細分性に応じて、データをその場所全体に均等に分散します。デフォルトの場所は、/var/lib/cassandra/dataです。

実稼働環境では、DataStaxはRAID 0およびSSDを推奨しています。

dse.yamlのスケジューラー設定

インデックス作成チェックのスケジュールと実行を制御するための構成オプション。
ttl_index_rebuild_options
TTLが指定されているレコードが期限切れになったら検索インデックスからパージするために、期限切れドキュメントがないかどうか、検索インデックスが定期的にチェックされます。ttl_index_rebuild_options設定は、期限切れレコードについてクエリーを実行して削除し、チェックするスケジューラーを制御します。
fixed_rate_period
期限切れデータをチェックする頻度を秒単位でスケジュールします。デフォルト:300
initial_delay
最初のTTLチェックを秒単位で遅延させて、起動時間を短縮します。デフォルト:20
max_docs_per_batch
TTLリビルド・スレッドによりチェックして削除するドキュメントのバッチあたりの最大数を設定します。デフォルト:4096
thread_pool_size
システム・リソースの消費量を管理し、多くの検索コアが同時にTTL削除を実行するのを防ぐために、TTLクリーンアップを同時に実行できる最大コア数を定義します。デフォルト:1

dse.yamlのインデックス作成のリソース

solr_resource_upload_limit_mb
デフォルト:10。最大リソース・ファイル・サイズを構成するか、リソース・アップロードを無効にできます。DSE Searchリソースの最大アップロード・サイズの上限をメガバイト(MB)単位で設定します。リソース・アップロードを無効にするには、0に設定します。

dse.yamlのインデックス作成の設定

max_solr_concurrency_per_core

DSE Searchインデックスごとに同時実行非同期インデックス作成スレッドの最大数を構成します。デフォルト:number_of_available_CPU_cores

1に設定すると、DSE Searchの動作は同期インデックス作成に戻ります。この動作では、データは1つのスレッドでデータベースに同期して書き込まれ、DSE Search用にインデックスが作成されます。

最適なパフォーマンスを得るには、この値を、使用可能なCPUコアの数を検索コアの数で割った値に設定します。たとえば、16個のCPUコアと4個の検索コアがある場合、推奨値は4です。「インデックス作成のパフォーマンスの構成と調整」も参照してください。

書き込みによる読み取りのパフォーマンス低下を防ぐには、この値を小さくし、検索インデックス構成でparallelDeleteTasksを調整します。
注: 検索同時レベル1への動的切り替えは許可されていません。
enable_back_pressure_adaptive_nrt_commit
バック・プレッシャー・システムが最大自動ソフト・コミット時間(検索インデックス構成ごとに定義)を実際の負荷に合わせて変更できるようになります。この設定は、NRT(ニア・リアルタイム)コアでのみ有効です。DSE Searchコアでリアルタイム(RT)ライブ・インデックス作成が行われている場合、このプロパティ値に関係なく、適応コミットが無効になります。「RTを使用したライブ・インデックス作成」を参照してください。

デフォルト:true

back_pressure_threshold_per_core
キューに取り込まれる非同期インデックス作成要求の検索コアごとの総数。この値を超えると、バック・プレッシャーが、新しく受信する要求を抑制することにより、過剰なリソース消費を防止します。DataStaxでは、back_pressure_threshold_per_core値をmax_solr_concurrency_per_coreの1000倍の値に設定することを推奨します。

デフォルト:2000

flush_max_time_per_core
DSE Searchコミット時間またはフラッシュ時間のいずれかに発生する、非同期インデックス更新のフラッシュを待機する最大時間(分)。この値を変更するには、専門家レベルの知識が必要です。DSE Searchインデックスをデータベースのデータと完全に同期させるには、フラッシュが正常に完了するように妥当な範囲で常に値を高く設定します。構成値を超えると、インデックスの更新が部分的にコミットされ、データの持続性を確保するためにコミット・ログのTRUNCATEが行われません。
注: タイムアウトが発生すると、通常、このノードが過負荷になり、タイムリーにフラッシュできません。ライブ・インデックス作成では、非同期インデックスの更新をフラッシュする時間が長くなります。

デフォルト:5

load_max_time_per_core
起動または作成/再読み込み操作で各DSE Searchインデックスの読み込みを待機する最大時間(分)。この高度なオプションは、コア読み込み中に例外が発生した場合にのみ変更する必要があります。

デフォルト:5(指定しない場合)

enable_index_disk_failure_policy
インデックス更新操作中にIOExceptionが発生した場合に、DSE Searchでは構成されているディスク障害ポリシーをアクティブ化します。

デフォルト:false

solr_data_dir
インデックス・データを格納するディレクトリー。デフォルトでは、各DSE Searchインデックスはsolrconfig_data_dir/keyspace_name.table_nameに保存されるか、またはdse.solr.data.dirシステム・プロパティーで指定されている場所に保存されます。DSE Searchデータの場所の管理」を参照してください。
solr_field_cache_enabled
ApacheLucene®フィールド・キャッシュは廃止予定です。代わりに、ソート、ファセット、またはグループ分けされるフィールドに対して、schema.xmlファイル内のフィールドにdocValues="true"を設定します。次に、コアを再度読み込み、インデックスを再作成します。デフォルト値はfalseです。falseをオーバーライドするには、要求でuseFieldCache=trueを設定します。
async_bootstrap_reindex
DSE Searchについて、ブートストラップされたデータのインデックスを非同期で再作成するかどうかを構成します。デフォルト:false
  • 有効の場合、ノードはブートストラップの直後にリングに参加し、インデックスが非同期で再作成されます。ノードがダウン状態とマークされないように、ブートストラップ後のインデックス再作成まで待機しません。
  • 無効の場合、ノードはブートストラップされたデータのインデックスが再作成された後にリングに参加します。

安全なしきい値

DSE Searchの安全なしきい値とフォールト・トレランスをdse.yamlおよびcassandra.yamlのオプションを使用して構成します。
cassandra.yamlの安全なしきい値
構成オプションは以下のとおりです。
read_request_timeout_in_ms
デフォルト:5000。タイムアウトする前に、コーディネーターが読み取り操作の完了を待つ時間(ミリ秒)。
dse.yamlのセキュリティ
DSE Searchのセキュリティ・オプション。「DSE Searchのセキュリティ・チェックリスト」を参照してください。
solr_encryption_options
検索インデックスの暗号化を調整する設定を指定します。
decryption_cache_offheap_allocation
共有されるDSE Search復号化キャッシュのJVMオフヒープを割り当てるかどうかを指定します。デフォルト:true
decryption_cache_size_in_mb
共有されるDSE Search復号化キャッシュの最大サイズをメガバイト(MB)単位で設定します。デフォルト:256
http_principal
http_principalは、Tomcatアプリケーション・コンテナーがDSE Searchを実行する際に使用します。Tomcat Webサーバーは、GSS-APIメカニズム(SPNEGO)を使用して、GSSAPIセキュリティ・メカニズム(Kerberos)をネゴシエートします。REALMをKerberosレルムの名前に設定します。Kerberosプリンシパルでは、REALMは大文字で指定します。
dse.yamlのノード間通信
DSE Searchノード間のノード間通信。
shard_transport_options
DSE Searchノード間のノード間通信用。
netty_client_request_timeout
デフォルト:60000。クライアント要求タイムアウトは、分散検索要求がシャード応答をアイドル状態で待機する最大累積時間(ミリ秒)です。分散クエリー中のタイムアウト動作を定義します。
dse.yamlのクエリー・オプション
CQL Solrクエリーのオプション。
cql_solr_query_paging
ページング動作を指定するオプション。
  • off - デフォルト。ページングはオフです。以下の場合を除き、CQL Solrクエリーのドライバー・ページング設定を無視し、通常のSolrページングを使用します。
    • 現在のワークロードが、SearchAnalyticsを含む分析ワークロードである。SearchAnalyticsノードは常にドライバー・ページング設定を使用します。
    • cqlshクエリー・パラメータ・ページングがドライバーに設定されている。

      cql_solr_query_paging: offの場合でも、ページングはJSONクエリー"paging":"driver"パラメーターで動的に有効になります。

  • driver - ドライバーのページング設定を優先します。ドライバーがページネーションを使用する場合にのみ、Solrページネーション(カーソル)の使用を指定します。DSE SearchAnalyticsワークロードに対しては自動的に有効になります。
cql_solr_query_row_timeout
CQL Solrクエリー中にデータベースが各行を読み取るのを待機する最大時間(ミリ秒)。デフォルト:10000(10秒)
dse.yamlのクライアント接続
DSE SearchにアクセスするためにHTTPおよびSolr Adminインターフェイスが使用するデフォルトのIPアドレス。「Tomcat Webサーバー設定の変更」を参照してください。
rpc_address
デフォルト:localhost。クライアント接続用のリッスン・アドレス(Thrift RPCサービスとネイティブ・トランスポート)。有効な値:
  • 設定なし

    ノードに構成されているホスト名構成を使用してアドレスを解決します。未設定の場合、ホスト名は/etc/hostname、/etc/hosts、またはDNSを使用してこのノードのIPアドレスに解決されます。

  • 0.0.0.0

    すべての構成済みインターフェイスをリッスンします。broadcast_rpc_address0.0.0.0以外の値に設定する必要があります。

  • IPアドレス
  • hostname

関連情報:ネットワーク

cassandra.yamlのパフォーマンス
memtable空間を小さくしてSolrキャッシュのための空き領域を増やすと、パフォーマンスが向上する可能性があります。「スタック・サイズとmemtable空間の変更」を参照してください。
concurrent_writes
デフォルト:32。DataStax Enterpriseでの書き込みがI/Oバウンドになることはほとんどないため、理想的な同時書き込みの数は、ノードのCPUコア数に依存します。推奨値は8 × CPUコア数です。
memtable_heap_space_in_mb
デフォルト:ヒープサイズの1/4。
memtableに割り当てるオンヒープ・メモリーの量。データベースは、この量の合計とmemtable_offheap_space_in_mbの値を使用して、自動memtableフラッシュのしきい値を設定します。詳細については、「memtable_cleanup_threshold」を参照してください。

関連情報:Javaヒープの調整

dse.yamlのパフォーマンス
ノード・ルーティング・オプション。
node_health_options
ノードの健全性のオプションは、常にすべてのノードで有効になっています。ノードの健全性は、あるノードが検索クエリーの処理にどの程度適しているかを表すスコアです。
refresh_rate_ms
デフォルト:60000
uptime_ramp_up_period_seconds
デフォルト:86400(1日)。直近で削除されたミューテーションはないと見なし、ノードの稼働時間スコアによりノードの健全性スコアが0から1(完全に健全な状態)になるために必要な連続稼働時間。健全性スコアは、削除されたミューテーションと稼働時間に基づく複合的なスコアです。ヒント:ノードがダウンタイム後にリペアした場合は、予想されるリペア時間まで稼働時間を延ばすこともできます。
dropped_mutation_window_minutes
デフォルト:30。ミューテーション削除率がノードの健全性スコアに影響を及ぼす履歴時間枠。
dse.yamlファイルの場所は、インストールのタイプによって異なります。

パッケージ・インストールInstaller-Servicesインストール

/etc/dse/dse.yaml

tarボール・インストールInstaller-No Servicesインストール

installation_location/resources/dse/conf/dse.yaml
cassandra.yamlファイルの場所は、インストールのタイプによって異なります。

パッケージ・インストールInstaller-Servicesインストール

/etc/dse/cassandra/cassandra.yaml

tarボール・インストールInstaller-No Servicesインストール

installation_location/resources/cassandra/conf/cassandra.yaml