メインコンテンツにジャンプ
DataStax Astra — DataStax Astra Database-as-a-Service: Cassandra がクラウドですぐ使えます 10 GB まで無償利用可能、クレジットカードは不要  —  今すぐ登録できます。
開発者ガイドと、DataStax Enterpriseの新機能と主な機能の使用方法に関する情報。
本ガイドについて
DataStax Enterprise 6.7でエンタープライズレベルのアプリケーションを作成する方法に関する開発者向けの情報。
新機能
DataStax Enterprise 6.7でリリースされた機能。
主な機能
DataStax Enterpriseとその主な機能、および統合ツールに関する簡単な説明。
DataStax Enterpriseのリリース・ノート。
DSEリリース・ノート
DataStax Enterpriseのリリース・ノートでは、DataStax Enterprise 6.7.xのクラスター要件、アップグレードに関するアドバイス、コンポーネント、セキュリティに関する更新内容、変更点と機能強化、問題点、および解決済みの問題を取り上げています。
バルク・ローダーのリリース・ノート
DataStaxバルク・ローダーのリリース・ノート。
Studioリリース・ノート
DataStax Studioのリリース・ノート。
インストール
DataStax Enterprise 6.7は、インストールの目的、オペレーティング・システムのタイプ、使用可能なパーミッションに応じて、さまざまな方法でインストールできます。
推奨されているプロダクション設定、構成ファイル、スニッチ構成、起動パラメーター、ヒープ・ダンプ設定、仮想ノードの使用など、DataStax Enterpriseの構成に関する情報。
プロダクション環境での推奨設定
Linuxプラットフォーム用のDataStax Enterpriseの推奨設定。
YAMLおよび構成プロパティ
cassandra.yaml、dse.yaml、cassandra-rackdc.properties、およびcassandra-topology.propertiesの各ファイルを使用してDataStax Enterpriseを構成する方法に関する情報。
クラウド・プロバイダー用スニッチ
Ec2Snitch、Ec2MultiRegionSnitch、GoogleCloudSnitch、またはCloudstackSnitchを設定します。
JVMシステム・プロパティ
起動コマンド・ラインまたはファイルから、DataStax Enterpriseのシステム・プロパティを変更します。
コンパクション・ストラテジの選択
最適なコンパクション・ストラテジを選択する方法に関する情報。
NodeSyncサービス
DataStaxクラスターでリペア操作実施の手間を実質的に排除する、継続的なバックグラウンド・リペア。
仮想ノードの構成
仮想ノード(vnode)の設定と有効化に関するトピック。
DSE Analytics、DSE Search、DSE Graph、DSEFS(DataStax Enterpriseファイル・システム)、およびDSE Advanced Replication(DSE拡張レプリケーション)の使用に関する情報。
DSE Analytics
DataStax Enterprise 6.7 Analyticsは、Apache Sparkと統合されています。
DSE Search
DSE Searchを使用すると、データをすばやく検索し、最新の検索環境をユーザーに提供することができるため、製品カタログ、ドキュメント・リポジトリ、非定型のレポート・エンジンなどの機能を作成するのに役立ちます。
DSE Graph
DSE Graphをインストールおよび構成する方法やDSE Graphの機能の使用方法を解説した開発者および管理者向けドキュメント。
NodeSyncサービス
DataStaxクラスターでリペア操作実施の手間を実質的に排除する、継続的なバックグラウンド・リペア。
DSE Advanced Replication(DSE拡張レプリケーション)
構成可能な分散データ・レプリケーションの構成と使用に関するドキュメント。
DataStaxドライバーは、DataStax Enterprise(DSE)を使用してソリューションを作成するアプリケーション開発者向けのプライマリ・リソースです。
DataStaxドライバーのベスト・プラクティス
これらのルールと推奨事項に従うことより、DataStaxドライバーを使用するアプリケーションのパフォーマンスが向上し、リソース使用率を最小限に抑えることができます。
DSEドライバーを使用してDSEクラスターに接続する
DSEクラスターに接続するための機能は、すべてのDSEドライバーで共通です。
DataStaxドライバーでのクエリーの送信
クエリーを送信して結果を受信する機能は、DataStaxドライバーのコア機能です。
エラー処理
DSEドライバーは、サーバーに起因するエラーまたはクライアント側のエラーに遭遇する場合があります。
ツールには、dseコマンド、dsetool、fs-stressツール、プリフライト・チェックとyaml_diffツール、およびsstableloaderが含まれます。
DSE Metrics Collector
DSE Metrics Collectorは、DSEメトリクスを集計して一元管理の監視ソリューションと統合し、問題の解決と修復を容易にします。
nodetool
クラスターを管理するために使用可能なコマンドのリスト。
dseコマンド
データベースを起動し、外部クライアントをDataStax Enterpriseノードに接続して、共通のユーティリティ・タスクを実行するためのdseコマンド。
dse client-tool
外部クライアントをDataStax Enterpriseノードに接続し、一般的なユーティリティ・タスクを実行します。
nodesync
1つまたは複数のテーブルのCQL nodesyncプロパティを変更し、トレースと監視を有効にします。
dsefsシェル・コマンド
DSEFSの機能では、ファイルのアップロード、ダウンロード、移動、および削除、ディレクトリーの作成、DSEFSステータスの確認などの操作がサポートされています。
dsetool
DSE操作に使用可能なコマンドのリスト。
ストレス・ツール
DataStax Enterpriseのストレス・テストを実行するためのツール。
SSTableユーティリティ
DataStax Enterprise SSTableの分析、使用、アップグレード、および変更を行うための診断ツール。
DataStaxツール
個別にインストールされ、製品間で使用されるツール。
プリフライト・チェック・ツール
プリフライト・チェック・ツールは、DataStax Enterpriseノードの構成設定を検知して、任意で修正するテスト・コレクションです。
cluster_checkおよびyaml_diffツール
cassandra.yamlファイル間またはdse.yamlファイル間の差異を調べるためのcluster_checkおよびyaml_diffツールの使用。
DataStax Enterpriseの操作に関するトピック。ノードおよびデータ・センター操作、レプリケーション・ストラテジの変更、コンパクションおよび圧縮の構成、キャッシング、ブルーム・フィルターの調整など。
DSEの起動と停止
DataStax Enterpriseをサービスまたはスタンドアローン・プロセスとして起動/停止します。
DSEからのデータの消去
任意の種類のインストールからすべてのデータを削除します。
CQL
CQL(Cassandraクエリー言語)は、DataStax Enterpriseデータベース用のクエリー言語です。