tarボール・インストールのアップグレード

6.1 tarボールを使用したOpsCenterのアップグレード手順。

以下では、OpsCenter tarボールを使用し、opscenterdデーモンを起動してOpsCenter 6.1をアップグレードする手順について説明します。

注: OpsCenterバージョン6.0から6.1にまだアップグレードしていない場合は、アップグレード・パスを調整する必要があります。
  • 修正されたRepair Serviceを利用してより良い結果を出すには、OpsCenterを6.0.xから6.1.xにアップグレードする前にバージョン5.0.7のDSEへのアップグレードを検討してください。
  • OpsCenter 6.0にアップグレードする前に、現在インストールされているバージョンが5.1より前の場合は、バージョン5.1以降にアップグレードする必要があります。
  • OpsCenterバージョン4.x~5.2以降(いずれもEOSL)をアップグレードする場合は、DataStaxサポートまでお問い合わせください。

始める前に

重要: OpsCenterの以前のバージョンへのダウングレードを想定または計画している場合、あるいはそれが必要な場合は、バージョン6.1にアップグレードする前に、必ずOpsCenterキースペースをバックアップしてください。OpsCenterのダウングレードは、状況に左右される手動プロセスです。ダウングレードが必要な場合は、その前にDataStaxサポートにお問い合わせください。

手順

  1. OpsCenterにDataStax Enterpriseとの互換性があることを確認してください。
  2. 新しいtarボールをダウンロードして解凍します。
  3. 古いtarボール・インストール先ディレクトリーの以下のファイルおよびディレクトリーを新しいインストール先ディレクトリーにコピーします。
    conf/clusters/*
    conf/event-plugins/*
    conf/install_id
    conf/logback.xml (6.0+)
    conf/opscenterd.conf
    ./passwd.db
    ./lcm.db (6.0+)
    ./keys/lcm.key (6.0+)
    
  4. SSLが有効な場合は、以下のSSL構成ディレクトリーの内容をコピーします。install_location/ssl/*
  5. opscenterdインスタンスを停止し(実行中である場合)、新しいtarボール・インストール先ディレクトリーからこのインスタンスを起動します。
  6. GUIから、または新しいtarボールから手動でインストールすることにより、エージェントをアップグレードします。