エージェントのアップグレード

アップグレードされたOpsCenterデーモンの再起動後、管理クラスター内の各ノードでDataStaxエージェントをアップグレードします。

アップグレードされたOpsCenterデーモンの再起動後、管理クラスター内の各ノードでDataStaxエージェントをアップグレードします。

詳細については、DataStaxエージェントのインストールを参照してください。

UIからのエージェントの自動アップグレード

DataStaxエージェントのアップグレードが必要な場合は、OpsCenter監視UIのエージェント・ビューの[Upgrade Agents]ボタンをクリックしてアップグレードを行います。

注: OpsCenter 6.1機能でのエージェントの後方互換性が認識されると、古いバージョンのエージェントで動作しない可能性がある機能についての通知が表示されます。

tarボールを使用したエージェントの手動アップグレード

tarボールを使用して手動でエージェントをアップグレードする場合は、新しいagent.tar.gzをすべてのノードにコピーして解凍してから、古いエージェントtarボール・ディレクトリー下のファイルを、次の例のような新しいディレクトリーにコピーします。
conf/*
ssl/*