DSEFSの有効化

DataStax Enterpriseノード上でDSEFSを有効にするための手順。

DSEFSは、Analyticsノードでは自動的に有効になり、Analyticsノード以外では自動的に無効になります。DSEFSサービスは、DataStax Enterpriseクラスターのどのノードでも有効にすることができます。DSEFSが有効になっている同一のデータ・センター内のノードは、結合され、DSEFSクラスターとして動作します。

dse.yamlファイルの場所は、インストールのタイプによって異なります。

パッケージ・インストールInstaller-Servicesインストール

/etc/dse/dse.yaml

tarボール・インストールInstaller-No Servicesインストール

installation_location/resources/dse/conf/dse.yaml

始める前に

DataStax Enterprise 5.0以降が必要です。

手順

各ノードで、以下の手順を実行します。

  1. dse.yamlファイルで、DSEファイル・システムのオプションのプロパティを設定します。
    dsefs_options:
        enabled: false
        keyspace_name: dsefs
        work_dir: /var/lib/dsefs
        public_port: 5598
        private_port: 5599
        data_directories:
          - dir: /var/lib/dsefs/data
            storage_weight: 1.0
            min_free_space: 5368709120
    1. DSEFSを有効にします。
      enabled: true
      enabledを空白にするか、またはコメントアウトすると、ノードが分析ワークロードを実行するように構成されている場合にのみDSEFSが起動します。
    2. DSEFSメタデータを格納するためのキースペースを定義します。
      keyspace_name: dsefs
      必要に応じて、1つのデータ・センターに複数のDSEFSファイル・システムを構成できます。
    3. ローカル・ノードのDSEFSメタデータを格納するための作業ディレクトリーを定義します。作業ディレクトリーは、他のDSEFSノードと共有できません。
      work_dir: /var/lib/dsefs
    4. DSEFSがクライアントをリッスンするパブリック・ポートを定義します。
      public_port: 5598
      DataStaxは、クラスター内のすべてのノードでこの値を同じにすることを推奨します。ファイアウォールは、信頼できるクライアントに対してこのポートを開いている必要があります。このポートのサービスは、RPCアドレスにバインドされます。
    5. DSEFSのノード間通信用のプライベート・ポートを定義します。
      private_port: 5599
      ファイアウォールに対してこのポートを開かないでください。このプライベート・ポートはクラスターの外部からは見えないようにする必要があります。
    6. ファイル・データ・ブロックが各ノードでローカルに格納されるデータ・ディレクトリーを設定します。
      data_directories:
          - dir: /var/lib/dsefs/data
      デフォルトの/var/lib/dsefs/dataデータ・ディレクトリーを使用する場合、このディレクトリーが存在し、rootアクセス権があることを確認します。それ以外の場合は、独自のディレクトリーの場所を定義するか、ディレクトリーの所有権を変更するか、またはその両方を実行します。
      $ sudo mkdir -p /var/lib/dsefs/data; sudo chown -R $USER:$GROUP /var/lib/dsefs/data
      データ・ディレクトリーがDataStax Enterpriseユーザーによって書き込み可能であることを確認します。データベースとは異なる物理デバイスにデータ・ディレクトリーを配置します。JBODで複数のデータ・ディレクトリーを使用すると、パフォーマンスと容量の面で効果的です。
    7. データ・ディレクトリーごとに、重み付け係数を設定して、 クラスター内の他のディレクトリーに対して、このディレクトリに配置するデータ量
      data_directories:
          - dir: /var/lib/dsefs/data
            storage_weight: 1.0
    8. データ・ディレクトリーごとに、 ファイル・データ・ブロックの格納に使用されない、予約されている領域(バイト)
      data_directories:
          - dir: /var/lib/dsefs/data
            storage_weight: 1.0
            min_free_space: 5368709120
  2. ノードを再起動します。
  3. 残りのノードについても手順を繰り返します。
  4. オプション: 高度なDSEFSプロパティを調整する場合は、DataStaxサポートの指示を受けてください。
    # Advanced properties for DSEFS
    # service_startup_timeout_ms: 30000
    # service_close_timeout_ms: 600000
    # server_close_timeout_ms: 600000
    # compression_frame_max_size: 1048576
    # query_cache_size: 2048
    # query_cache_expire_after_ms: 2000
    # gossip_options:
      #   round_delay_ms: 5000
      #   startup_delay_ms: 5000
      #   shutdown_delay_ms: 30000
    # rest_options:
      #   request_timeout_ms: 330000
      #   connection_open_timeout_ms: 55000
      #   client_close_timeout_ms: 60000
      #   server_request_timeout_ms: 300000
      #   idle_connection_timeout_ms: 0
    # transaction_options:
      #   transaction_timeout_ms: 3000
      #   conflict_retry_delay_ms: 200
      #   conflict_retry_count: 40
      #   execution_retry_delay_ms: 1000
      #   execution_retry_count: 3
  5. DSEFSの使用を続行します。