検索のヒント
DSE OpsCenterは、DataStax Enterprise向けの視覚的な管理および監視ソリューションです。OpsCenter Lifecycle Manager(LCM)は、DataStax Enterprise(DSE)クラスターのプロビジョニングとクラスター構成の一元管理を行います。
新機能
OpsCenter Monitoring(OpsCenterモニタリング)およびLifecycle Managerの最新メジャー・リリースのDataStax Enterprirseクラスター向け新機能と機能強化。
主な機能
DSE OpsCenterには、DataStax Enterpriseクラスターを簡単に管理するための機能が用意されています。
ラボ機能
OpsCenterのラボ機能は実用に向けて開発中の試験段階の機能です。
アーキテクチャーの概要
基本的なアーキテクチャー図と接続プロトコルの簡単な説明。
ポリシーの変更
DSE OpsCenterと互換性がある製品に関するDataStaxポリシーの変更
OpsCenterに関するフィードバック
OpsCenterリリース・ノートには、新機能と改良された機能、既知の問題点と解決済みの問題点、およびバグの修正内容が記載されています。
リリースの影響
アップグレードの影響、DSEバージョンとの互換性、および既知の問題について理解します。
OpsCenter 6.7.1リリース・ノート
OpsCenterおよびLifecycle Manager6.7バージョン6.7.1リリースのリリース・ノートです。
OpsCenter 6.7.0リリース・ノート
OpsCenterおよびLifecycle Manager6.7バージョン6.7.0リリースのリリース・ノートです。
OpsCenter 6.xの既知の問題点と解決済みの問題点
OpsCenterとLifecycle Managerの6.0以降のバージョンの既知の問題点、回避策、および解決済みの問題点。
OpsCenterのインストール
OpsCenterのインストールの手順は、『DataStaxインストール・ガイド』に記載されています。
OpsCenterのアップグレード
DSE OpsCenterのアップグレードの手順は、『DataStaxアップグレード・ガイド』に記載されています。
実稼働環境でOpsCenterを大規模にデプロイするための推奨事項と推奨設定。
OpsCenterの基本構成
実稼働環境にOpsCenterをデプロイするための基本構成。
クラスター同期設定
NodeSyncまたはOpsCenter Repair Service(リペア・サービス)を使用してクラスターの同期状態を維持します。
Backup Service(バックアップ・サービス)の設定
データがエラーなくバックアップされるようにBackup Service(バックアップ・サービス)を構成します。
ナレッジ・ベース記事
OpsCenterの推奨設定の詳細については、DataStaxナレッジ・ベースを参照してください。
OpsCenterのセキュリティ機能、アラート、フェイルオーバーなどを構成します。
OpsCenterのセキュリティ
セキュリティ構成オプションと手順。
イベントのアラートの構成
電子メール・アラートの構成、URLへのアラートの送信、エンタープライズ・レポート・システムと統合するためのSNMPトラップの有効化を行います。
データの収集と有効期限の構成
OpsCenterは、クラスター内の各ノードのシステムおよびテーブル・メトリクス・データを収集します。
OpsCenter DSE定義ファイルの更新
OpsCenterでは、現在インストールされているバージョンのOpsCenterをアップグレードしなくても、DataStax Enterpriseのさまざまなバージョンをサポートできるように定義ファイルが使用されています。
自動フェイルオーバーの概要
DSE OpsCenterのプライマリ・インスタンスからバックアップ・インスタンスへの自動フェイルオーバーを使用すると、手動介入やダウンタイムに煩わされることなく高い可用性が実現します。
重要な構成データのバックアップ
OpsCenterおよびLifecycle Managerの重要な構成データのバックアップ。
名前付きルートのリンクの構成
UI内のルートURLのディープ・リンクを有効にします。これを有効にすると、URLでOpsCenter UI Webアプリケーション内の場所に移動することができます。
OpsCenter JVMの構成
OpsCenter JVMのJVMパラメーターを構成します。
DataStaxエージェントJVMの構成
DataStaxエージェントJVMのJVMパラメーターを構成します。
OpsCenterキースペースのレプリケーション・ストラテジの変更
OpsCenterをマルチ・データ・センター環境で実行する場合は、OpsCenterキースペースでNetworkTopologyStrategyレプリケーションを使用することを推奨します。
OpsCenterの構成ファイル
opscenterd.conf、cluster_name.conf、およびaddress.yamlの各構成ファイルを手動で変更して、機能を構成します。
DataStax Enterpriseの起動および停止のスクリプトのカスタマイズ
OpsCenterでは、各ノードでのDataStax Enterpriseプロセスの起動と停止を視覚的な方法で実行できます。提供されているスクリプト例を使用して、ノードの起動またはシャットダウンをカスタマイズします。
構成シナリオの例
OpsCenterデプロイのシナリオの例では、複数のリージョンや非常に大きなクラスター用に構成する方法を示します。
OpsCenterは、1つの中央コンソールから、DataStax Enterpriseクラスターのすべてのノードを監視および管理するWebアプリケーションです。OpsCenterはクライアント側のWebブラウザーで実行されます。
[OpsCenter]ワークスペースの概要
[OpsCenter]ワークスペースで使用可能な主な機能領域を紹介します。
アラートの構成
OpsCenterのさまざまな要素で問題が発生したときに通知するアラートを構成します。
ノード操作の監視
メモリ使用状況、ノードの詳細、Sparkコンソールを表示および監視します。
ノードの管理と維持
ノードのメンテナンス、余分なデータのクリーンアップ、リペアの実行を行うには、OpsCenterを使用します。
DSEの起動と停止
OpsCenterを使用して、クラスター内のノード上のDSEを起動、停止、および再起動します。
キースペースとテーブルの管理
OpsCenter UIを使用してキースペースと、キースペース内のテーブルを管理します。
クラスターの管理
OpsCenterは、opscenterd中央サーバーを1台インストールするだけで、複数のDataStax Enterpriseクラスターを管理できます。[Cluster Actions]メニューで使用可能なオプションを使用して、クラスターを管理します。[Help]メニューからレポートを生成します。
ダッシュボードのパフォーマンス・メトリクス
OpsCenterダッシュボードでパフォーマンス・メトリクスを監視します。リアルタイムのパフォーマンス・メトリクスとその履歴は、クラスター全体、ノードごと、テーブル(カラム・ファミリー)ごと、ストレージ階層など、さまざまな細分性で利用できます。
ポートのリファレンス、OpsCenterとDataStaxエージェントを起動および停止する手順、デフォルトのファイルの場所、およびOpsCenterの起動ログ。
OpsCenterポートのリファレンス
OpsCenter、Lifecycle Manager、およびDataStaxエージェントで使用されるデフォルトのポート番号。
インストール場所と構成場所
ファイルの場所はインストールの種類によって異なります。
OpsCenterの起動、停止、および再起動
インストールのタイプごとのOpsCenterの起動、停止、および再起動のコマンド。
DataStaxエージェントの停止、起動、再起動
DataStaxエージェントの停止、起動、再起動を行うための、インストール・タイプ別のコマンド。
DataStax Enterpriseには、OpsCenterを使用して構成および実行できるエンタープライズ管理サービスがバンドルされています。
Backup Service(バックアップ・サービス)
Backup Service(バックアップ・サービス)では、DSEクラスター・データの自動スケジュール・バックアップ、手動バックアップ、および手動の復元を行います。
NodeSyncサービス
キースペースとテーブルのレプリカがDSEバージョン6.0以降のOpsCenter NodeSyncサービスと同期されていることを監視します。
Repair Service
Repair Service(リペア・サービス)は、クラスターのパフォーマンスへの影響を最小限に抑えながら、DataStax Enterpriseクラスター全体のリペアを実行します。
Capacity Service(キャパシティ・サービス)
Capacity Service(キャパシティ・サービス)は、傾向分析と予測を使用することにより、現在の環境とワークロードのクラスター・パフォーマンスを理解し、過去と未来の両方で時間の経過がこれらの傾向にどのように影響するかを把握するのに役立ちます。
Best Practice Service(ベスト・プラクティス・サービス)
Best Practice Service(ベスト・プラクティス・サービス)では、クラスターや環境のさまざまなプロパティをチェックする、事前定義のベスト・プラクティス・ルールをスケジュールし、アクティブなルールが構成したスキャンに合格したかどうかを報告することができます。
Performance Service(パフォーマンス・サービス)
OpsCenter Performance Service(OpsCenterパフォーマンス・サービス)により、OpsCenterメトリクスと、DSE Performance Service(DSEパフォーマンス・サービス)が提供するCQLベースの診断テーブルが統合され、クラスター・パフォーマンスの把握、調整、最適化に役立ちます。OpsCenterでパフォーマンス・オブジェクトを視覚的に有効にし、結果を分析します。
OpsCenterのトラブルシューティング
OpsCenterで発生するいくつかの問題と解決策または回避策。
Lifecycle Managerを使用するとDataStax Enterpriseクラスターのデプロイと構成が容易になります。
Lifecycle Managerの概要
DataStax Enterprise(DSE)クラスターのプロビジョニングと構成の一元管理を行うLifecycle Manager(LCM)の紹介。Lifecycle Managerを使用するとDataStax Enterpriseクラスターのデプロイと構成が容易になります。
LCMを使用したDSEのインストール
LCMを使用すると、DSEクラスターを簡単にプロビジョニング、構成、およびインストールできます。
SSH認証情報の管理
クラスター、データ・センター、ノードのレベルでSSH認証情報を管理します。
構成プロファイルの管理
構成プロファイルを定義して一元管理することで、クラスター、データ・センター、またはノードのレベルで構成を統一することができます。
リポジトリの構成
aptまたはyumを使用してDataStax Enterpriseソフトウェア・パッケージをダウンロードするようリポジトリを構成します。
DSEトポロジーの定義
クラスター・レベル、データ・センター・レベル、およびノード・レベルでDSEのトポロジーを定義します。
LCMジョブの実行
DSEのインストール、構成プロファイルの管理、および新しいバージョンへのアップグレードを行うため、インストール・ジョブ、構成ジョブ、およびアップグレード・ジョブを実行します。
Javaオプションの構成
Javaインストールおよびアップグレードを管理して、JVMオプションなどのJavaリソースを調整します。
LCMを使用したDSEセキュリティの構成
DataStax Enterpriseクラスターの認証は、Lifecycle Manager構成プロファイルでデフォルトで有効になっています。
Lifecycle Managerの構成オプション
Lifecycle Managerのopscenterd.confで使用可能な構成オプション。
構成に関する既知の問題点と制限事項
以下の項目は、Lifecycle Manager(LCM)でDataStax Enterpriseクラスターを構成する際に発生する可能性のある既知の一般的な問題点です。可能な限り、回避策も記載されています。
LCMでの高度な構成の使用
AlwaysOn SQL、DSE Graph、階層化ストレージなど、基本的なDSEオプションよりも高度な機能について説明します。
OpsCenter RESTful APIでは、プログラムによるDataStax Enterpriseクラスターの監視と管理を行います。
DataStaxエージェントAPIの有効化とアクセス
DataStaxエージェントAPIの対話型のSwagger UIコンソールを有効化して、これにアクセスします。