DSE OpsCenterのアップグレード

OpsCenterをアップグレードする場合の考慮事項と手順。

以前のバージョンからOpsCenterにアップグレードする場合は、このセクションの情報を参考にしてください。

重要: アップグレードの前にこれらの手順を読み、理解しておいてください。計画およびアップグレード手順を細かく確認しておくと、スムーズなアップグレードが保証され、不備や不満が生じるのを避けることができます。
重要: DataStax Enterprise(DSE)バージョン6.7クラスターを管理するには、DSE OpsCenter 6.7にアップグレードする必要があります。DSEバージョンとの互換性については、次の表を参照してください。
OpsCenterバージョン DSEバージョン
6.7 6.7、6.0、5.1
6.5 6.0、5.1、5.0
6.1 5.1、5.0
6.0 5.0

OpsCenterでは、サポートされている複数のDSEバージョンのサポートに定義ファイルを使用しています。そのため、現在インストールされているバージョンのOpsCenterを直ちにアップグレードする必要はありません。DataStaxでは、常に最新のメジャー・バージョン・リリースにアップグレードすることをお勧めします。アップグレードすると、最新機能や改良された機能を活用することでパフォーマンスが向上し、バグや既知の問題を解決することができます。

OpsCenterバージョン6.1以降では、OpsCenterとエージェントの互換性認識機能によって、古いバージョンのエージェントでは動作しない可能性ある機能が通知されます。

注: OpsCenter 6.0以降のバージョンでは、Apache Cassandra™をサポートしていません。詳細については、DSE OpsCenterのポリシー変更を参照してください。