DataStaxインストーラーを使用したMac OS Xへのインストール

DataStaxインストーラーを使用してDataStax Enterprise 5.1をMac OS Xにインストールする手順。

DataStaxインストーラーを使用してDataStax Enterprise 5.1をMac OS Xにインストールするには、以下の手順を実行します。

始める前に

  • Mac OS Xは、開発目的でのみサポートされています。
  • DataStax Academyの登録電子メール・アドレスとパスワード。
  • Java 8の最新バージョンを推奨します。
  • Mac OS Xのバージョンによっては、リードラインeasy_install readlineのインストールが必要な場合があります。
表 1. ハードウェアの要件
要件 最低 実稼働
CPU 2 16
メモリー 8 GB 24 GB
データ・ディレクトリー 20 GB 200 GB
コミット・ログ・ディレクトリー 20 GB 200 GB
保存されるキャッシュのディレクトリー 20 GB 200 GB
ログ・ディレクトリー 20 GB 200 GB
実稼働環境での推奨設定」および「DataStax Enterprise Reference Architecture」ホワイト・ペーパーも参照してください。

DataStaxインストーラーについて

DataStaxインストーラーは、DataStax EnterpriseとDataStax Agentをインストールします。OpsCenterまたはDevCenterはインストールされません。インストール時に、[Developer Related Tools]を選択した場合は、DataStax Studioがインストールされます。

インストーラーは一部のcassandra.yamlパラメーターを設定しますが、すべてではありません。dse.yamlプロパティは設定しません。残りのパラメーターは以下の方法で設定することができます。

手順

注: DataStax Enterprise 5.1の最新バージョンは5.1.6です。

ターミナル・ウィンドウで:

  1. DataStaxダウンロード・ページからDataStax Enterpriseの.dmgファイルをダウンロードするか、以下のコマンドを使用します。
    curl --user dsa_email_address:password -O https://downloads.datastax.com/enterprise/DataStaxEnterprise-5.1.6-osx-installer.dmg
    注: 以前のバージョンをインストールするには、上記のコマンドでバージョン番号を置き換えます。使用可能なバージョンを表示するには、『リリース・ノート』を参照してください。
  2. インストール・ファイルをダウンロードしたディレクトリーで、DataStaxEnterprise-5.1.6-osx-installer.dmgファイルをクリックします。
  3. DataStax Enterpriseインストーラーをダブルクリックします。


    インストーラーが起動します。



  4. ライセンス契約に同意したら、インストールのタイプを選択します。
    Service Setup
    • No Services:このインストールはサーバーをスタンドアローン・プロセスとして設定します。
    • Services and Utilities:このインストールはサーバーをサービスとして設定します。ログイン時にサービスを起動するようにプロパティ(.plist)ファイルを設定します。
  5. インストール・ディレクトリーを設定します。
  6. ノードを設定します。
    表 2. Node Setup
    Default Interface DataStax Enterpriseサーバーのネットワーク・インターフェイス

    単一ノード・クラスターの場合は、127.0.0.0を使用します。

    Cluster Name クラスターの名前。クラスターの名前。クラスター内の各ノードに同じクラスター名を使用する必要があります。
    Seeds すべてのノードは、シード・ノード・リストを使用して、相手を探し、リングのトポロジーを学習します。

    Single node clusters:空に設定します。

    Multiple node clusters:シード・ノードのリスト。(すべてのノードをシード・ノードにしないでください。

    追加情報:

    開発者関連ツールのインストール 以下が含まれます。
  7. DataStax Enterpriseが既にインストールされている場合は、インストーラーによってアップグレード情報が表示され、DSEが以前のインストール場所にインストールされます。
    重要: 既存のクラスターをアップグレードする前に、『DataStaxアップグレード・ガイド』を参照してください。

    アップグレードのために確認する必要のある重要なファイルはdse.yamlcassandra.yaml、およびサービス・インストールの場合は/etc/default/dseがあります。

    dse.in.shまたはcassandra.in.shが変更されている場合は、代わりにcassandra-env.shまたはdse-env.shに変更を加えてください。これらのファイルを変更することは推奨されません。

  8. リング・オプションを設定します。
    表 3. Ring Options
    Enable Virtual Nodes (vnodes) 仮想ノードを有効または無効にします。
    Number of tokens vnodeに推奨されるトークン数
    • トランザクション・ノード:128
    • 分析ノード(Spark):128
    • Searchノード8
    • DSE Graph:128。DSE Searchとともに使用する場合:8
    リッスン・アドレス cassandra.yaml: listen_address
    RPC Address cassandra.yaml: rpc_address
  9. ノード・タイプを設定します。
    表 4. DSEの設定
    DSE Analytics DSE AnalyticsにはApache Spark™の統合が含まれます。
    DSE Search DSE SearchにはApache Solr™の統合が含まれます。
    DSE Graph DSE Graphは、高度に接続されたデータを管理、分析、および検索するためのグラフ・データベースです。
    DSE Advanced Replication(DSE拡張レプリケーション) DSE Advanced Replication(DSE拡張レプリケーション)では、断続的な接続が発生する可能性があるソース・クラスターからデスティネーション・クラスターへの双方向で、構成可能な分散型データ・レプリケーションをサポートします。
  10. その他のオプションを設定します。
    表 5. その他のオプション
    Start services
    • [Yes]を選択すると、インストールの完了時にすべてのサービスが開始されます。
    • [No]を選択すると、インストール後に追加の構成が必要になります。
    OpsCenter Address 任意。OpsCenterのサーバー名またはIPアドレス。
    単純なインストールを実行する場合は、「16」へ進んでください。

4」で[Advanced]を選択した場合は、以下の手順が表示されます。

  1. デフォルトのディレクトリーの場所を変更します(高度なインストールのみ):
    表 6. Directory Locations
    Data Directory cassandra.yaml data_file_directories
    Commitlog Directory cassandra.yaml: commitlog_directory
    Saved Caches Directory cassandra.yaml: saved_caches_directory
    Hints Directory cassandra.yaml: hints_directory
    Logs Directory データベース、Spark、およびTomcatのログ・データ。「Installer-Servicesおよびパッケージによるインストールのファイルのデフォルトの格納先」または「Installer-No Servicesおよびtarボールによるインストールのファイルのデフォルトの格納先」を参照してください。
  2. デフォルトのポートを変更します(高度なインストールのみ):
    表 7. ポート
    Storage Port cassandra.yaml: storage_port
    SSL Storage Port cassandra.yaml: ssl_storage_port
    RPC Port cassandra.yaml: rpc_port
  3. [System Configuration]で、潜在的な問題に関する警告を確認します。
  4. インストールが完了したら、インストール・ログを確認して、インストールを確認します。
    注: ログを閉じたら、ServicesまたはNo-Servicesのインストーラーの場所を確認します。

    DataStax Enterpriseは、追加の構成を開始できる状態です。

  5. オプション: 単一ノード・クラスターでのインストールのみ:
    1. DataStax Enterpriseが実行されていない場合は、インストール・ディレクトリーから起動します。
      bin/dse cassandra
      ここで、installation directoryは以下のいずれかです。
      • /usr/share/dse
      • DataStax Enterpriseをインストールしたディレクトリー。
      注: 他の起動オプションについては、「DataStax Enterpriseをスタンドアローン・プロセスとして起動」を参照してください。
    2. installation directoryからDataStax Enterpriseが実行されていることを確認します。
      bin/nodetool status
      vnodeを使用している場合:
      Datacenter: Cassandra
      =====================
      Status=Up/Down
      |/ State=Normal/Leaving/Joining/Moving
      --  Address    Load       Tokens  Owns    Host ID                               Rack
      UN  127.0.0.1  82.43 KB   128     ?       40725dc8-7843-43ae-9c98-7c532b1f517e  rack1
      vnodeを使用していない場合:
      Datacenter: Analytics
      =====================
      Status=Up/Down
      |/ State=Normal/Leaving/Joining/Moving
      --  Address         Load       Owns    Host ID                               Token                 Rack
      UN  172.16.222.136  103.24 KB  ?       3c1d0657-0990-4f78-a3c0-3e0c37fc3a06  1647352612226902707   rack1

次のタスク

Mac OS X上のcassandra.yamlファイルの場所:
installation_location/resources/cassandra/conf/cassandra.yaml
dse.yamlファイルの場所は、インストールのタイプによって異なります。

パッケージ・インストールInstaller-Servicesインストール

/etc/dse/dse.yaml

tarボール・インストールInstaller-No Servicesインストール

installation_location/resources/dse/conf/dse.yaml