DataStaxインストーラー・インストールからDSE 6.0またはDSE 6.7へのアップグレード

以前のバージョンのDSEがDataStaxインストーラーを使用してインストールされた場合にDSE 6.0またはDSE 6.7にアップグレードする方法

DataStaxインストーラーは、DataStax Enterprise(DSE)6.0以降では使用できません。この方法は、DSE 5.0またはDSE 5.1がDataStaxインストーラーを使用してインストールされた場合にDSE 6.0またはDSE 6.7にアップグレードするときに使用します。

この方法は、DataStaxインストーラーによるインストールから変換するための高レベルの手順にのみ推奨します。DataStax Enterpriseのアップグレードの計画を開始するには、アップグレードに関するすべてのドキュメントを必ず読んでください。質問がある場合は、DataStaxサポートにお問い合わせください。

重要: アップグレードの前にこれらの手順を読み、理解しておいてください。計画およびアップグレード手順を細かく確認しておくと、スムーズなアップグレードが保証され、不備や不満が生じるのを避けることができます。
このアップグレード戦略には、以下の2つの必要な手順があります。
  1. スタンドアロン・インストーラーでのインストールから、同じDSEバージョンのtarボールまたはパッケージ・インストールに移行します。
  2. DSEアップグレードのドキュメントに従って、そのDSEバージョンからターゲットのDSEバージョンにアップグレードします。

DataStax EnterpriseおよびApache Cassandra™の構成ファイル

構成ファイル Installer-Servicesおよびパッケージ・インストール Installer-No Servicesおよびtarボール・インストール
DataStax Enterpriseの構成ファイル
byoh-env.sh /etc/dse/byoh-env.sh install_location/bin/byoh-env.sh
dse.yaml /etc/dse/dse.yaml install_location/resources/dse/conf/dse.yaml
logback.xml /etc/dse/cassandra/logback.xml install_location/resources/logback.xml
spark-env.sh /etc/dse/spark/spark-env.sh install_location/resources/spark/conf/spark-env.sh
spark-defaults.conf /etc/dse/spark/spark-defaults.conf install_location/resources/spark/conf/spark-defaults.conf
Cassandraの構成ファイル
cassandra.yaml /etc/cassandra/cassandra.yaml install_location/conf/cassandra.yaml
cassandra.in.sh /usr/share/cassandra/cassandra.in.sh install_location/bin/cassandra.in.sh
cassandra-env.sh /etc/cassandra/cassandra-env.sh install_location/conf/cassandra-env.sh
cassandra-rackdc.properties /etc/cassandra/cassandra-rackdc.properties install_location/conf/cassandra-rackdc.properties
cassandra-topology.properties /etc/cassandra/cassandra-topology.properties install_location/conf/cassandra-topology.properties
jmxremote.password /etc/cassandra/jmxremote.password install_location/conf/jmxremote.password
Tomcatサーバーの構成ファイル
server.xml /etc/dse/resources/tomcat/conf/server.xml install_location/resources/tomcat/conf/server.xml

始める前に

DSE 5.0またはDSE 5.1インストールの場合は、DataStaxインストーラーを使用して、以下を作成したかどうかを確認する必要があります。
  • Servicesインストール
    通常、DSEインストーラーがroot権限で実行された場合。Servicesインストールでは、service dse startコマンドを使用してDSEを起動します。
    ヒント: Servicesインストールからスムーズに移行するため、DataStaxではパッケージ・インストール方法を推奨しています。パッケージ(YumまたはAPT)からインストールした場合、DataStax Enterpriseはサービスとして実行されます。
  • No Servicesインストール
    DSEインストーラーがroot権限なしで、またはカスタム・ディレクトリーを使用して実行された場合。No Servicesインストールでは、dseコマンドを使用してDSEを起動します。
    ヒント: No Servicesインストールからスムーズに移行するため、DataStaxではtarボール・インストール方法を推奨しています。tarボールからインストールした場合、DataStax Enterpriseはスタンドアロン・プロセスとして実行されます。

使用されたインストール方法によって、移行手順が決まります。

リスクの軽減
継続的なアップグレード戦略を採用して製品の改善点や新機能へのアクセスを提供し、バージョンへの影響を減らすことで、リスクと労力を軽減することができます。ノードを必ず定期的に リペア します。ノード・リペアは、レプリカ上のデータが他のノード上のデータと確実に整合するようにします。
クラスター内の各ノードでこの移行を実行します。
サービスを中断できない実稼働クラスターでは、この移行をローリング方式で実行します。各ノードが正常であり、次のノードに進む前に既存のデータに対するクエリーを処理できることを確認します。

手順

  1. 現在のDSEバージョンを確認します。
    dse -v
    重要: 移行を正常に完了するには、正確なパッチ・バージョンをインストールする必要があります。
  2. 構成 ファイルをバックアップします。
  3. データをバックアップします。 DataStaxでは、バージョン・アップグレードの前に、ログ、カスタム構成などのデータをバックアップすることを推奨しています。バックアップすることによって、必要に応じて前のバージョンで使用したすべてのデータに戻したり、そのデータを復元したりすることができます。
    ヒント: OpsCenterでは、Backup Service(バックアップ・サービス)が提供されます。このサービスは、DataStax Enterpriseクラスターの企業全体のバックアップ操作と復元操作を管理します。OpsCenter 6.5以降が推奨されます。
  4. DataStaxインストーラーを使用して、現在のバージョンをアンインストールします。
    重要: プロンプトが表示されたら、既存のデータ・ファイルと構成ファイルを所定の場所に保存してください。
  5. 既存のDSEインストールを変換するには、該当する手順を実行してください。

RHELベースのシステムでのYumのインストールへの変換

DataStaxインストーラーを使用して作成された既存のDSEサービス・インストールをYumベースのパッケージ・インストールに変更する手順。

DataStaxインストーラーは、DSE 6.0以降では使用できません。DataStaxインストーラーを使用して作成された既存のDSEサービス・インストールをYumベースのパッケージ・インストールに変更するには、以下の手順に従ってください。

始める前に

インストールするパッケージは、DataStaxインストーラー・インストールからDSE 6.0またはDSE 6.7へのアップグレード1で確認した既存のDSEパッチ・リリース・バージョンと一致する必要があります。

  1. 既存DSEインストーラーのバックアップ・ディレクトリーを別の場所に移動します。
    cd /usr/share/dse
    sudo mv backups backups.old
  2. DataStaxインストーラー・インストールからDSE 6.0またはDSE 6.7へのアップグレード1で確認したものと同じパッチ・バージョンでDSEを設定してインストールします。DataStaxインストーラーを使用して現在のバージョンをアンインストールしたときに既存の構成ファイルをそのままにしているため、Yumインストールはそれらのファイルを尊重し、パッケージでインストールしたDSEのバージョンによって使用されます。DSEバージョンのインストール手順を使用してください。
    たとえば、DSE 5.1.11をインストールするには、次のコマンドを入力します。
    sudo install dse-full=5.1.11-1 
    dse=5.1.11-1 dse-libsolr=5.1.11-1 dse-libtomcat=5.1.11-1 
    dse-liblog4j=5.1.11-1 dse-libcassandra=5.1.11-1 dse-libspark=5.1.11-1 
    dse-libgraph=5.1.11-1 dse-libhadoop2-client-native=5.1.11-1 
    dse-libhadoop2-client=5.1.11-1
  3. 残りのノードでこれらの手順を繰り返します。

DebianベースのシステムでのAPTのインストールへの変換

DataStaxインストーラーを使用して作成された既存のDSEサービス・インストールをAPTベースのパッケージ・インストールに変更する手順。

DataStaxインストーラーは、DSE 6.0以降では使用できません。DataStaxインストーラーを使用して作成された既存のDSEサービス・インストールをAPTベースのパッケージ・インストールに変更するには、以下の手順に従ってください。

始める前に

インストールするパッケージは、DataStaxインストーラー・インストールからDSE 6.0またはDSE 6.7へのアップグレード1で確認した既存のDSEパッチ・リリース・バージョンと一致する必要があります。

  1. 古いDSEインストーラーのバックアップ・ディレクトリーを別の場所に移動します。
    cd /usr/share/dse
    sudo mv backups backups.old
  2. 1で確認したものと同じパッチ・バージョンでDSEを設定してインストールします。バージョンに適したインストール手順を使用しますが、apt-get install手順にDpkgオプションを追加してください。
    たとえば、DSE 5.1.11をインストールするには、次のコマンドを入力します。
    sudo apt-get -o Dpkg::Options::="--force-confdef" -o 
    Dpkg::Options::="--force-confold" install dse-full=5.1.11-1 
    dse=5.1.11-1 dse-libsolr=5.1.11-1 dse-libtomcat=5.1.11-1 
    dse-liblog4j=5.1.11-1 dse-libcassandra=5.1.11-1 dse-libspark=5.1.11-1 
    dse-libgraph=5.1.11-1 dse-libhadoop2-client-native=5.1.11-1 
    dse-libhadoop2-client=5.1.11-1

    この変更により、既存の構成ファイルがそのまま残り、新しいパッケージによって上書きされるのを防ぎます。

    必ず、同じバージョンのすべてのパッケージをリストしてください。
  3. 残りのノードでこれらの手順を繰り返します。

バイナリーtarボール・インストールへの変換

DataStaxインストーラーを使用して作成された既存のDSE No Servicesインストールをバイナリtarボール・インストールに変更する手順。

DataStaxインストーラーは、DSE 6.0以降では使用できません。DataStaxインストーラーを使用して作成された既存のDSE No Servicesインストールをバイナリtarボール・インストールに変更するには、以下の手順に従ってください。

DataStax EnterpriseおよびApache Cassandra™の構成ファイル

構成ファイル Installer-Servicesおよびパッケージ・インストール Installer-No Servicesおよびtarボール・インストール
DataStax Enterpriseの構成ファイル
byoh-env.sh /etc/dse/byoh-env.sh install_location/bin/byoh-env.sh
dse.yaml /etc/dse/dse.yaml install_location/resources/dse/conf/dse.yaml
logback.xml /etc/dse/cassandra/logback.xml install_location/resources/logback.xml
spark-env.sh /etc/dse/spark/spark-env.sh install_location/resources/spark/conf/spark-env.sh
spark-defaults.conf /etc/dse/spark/spark-defaults.conf install_location/resources/spark/conf/spark-defaults.conf
Cassandraの構成ファイル
cassandra.yaml /etc/cassandra/cassandra.yaml install_location/conf/cassandra.yaml
cassandra.in.sh /usr/share/cassandra/cassandra.in.sh install_location/bin/cassandra.in.sh
cassandra-env.sh /etc/cassandra/cassandra-env.sh install_location/conf/cassandra-env.sh
cassandra-rackdc.properties /etc/cassandra/cassandra-rackdc.properties install_location/conf/cassandra-rackdc.properties
cassandra-topology.properties /etc/cassandra/cassandra-topology.properties install_location/conf/cassandra-topology.properties
jmxremote.password /etc/cassandra/jmxremote.password install_location/conf/jmxremote.password
Tomcatサーバーの構成ファイル
server.xml /etc/dse/resources/tomcat/conf/server.xml install_location/resources/tomcat/conf/server.xml

始める前に

インストールするバージョンは、DataStaxインストーラー・インストールからDSE 6.0またはDSE 6.7へのアップグレード1で確認した既存のDSEパッチ・リリース・バージョンと一致する必要があります。

  1. DSE Analyticsノード: 必要に応じて、基本方向を調整して、Spark RDDディレクトリーを再作成します。
    mkdir ~/dse/spark/rdd
  2. DataStaxインストーラー・インストールからDSE 6.0またはDSE 6.7へのアップグレード1で確認したものと同じパッチ・バージョンでDSEをダウンロードします。DSEバージョンのインストール手順を使用してください。
  3. tarボールを別のディレクトリーに展開します。
    たとえば、DSE 5.1.11 tarボールを/tmp/dse511tarに展開するには、次のコマンドを入力します。
    tar xvzf dse-5.1.11-bin.tar.gz -C /tmp/dse511tar
  4. 新しくインストールしたDSEバージョン(元のバージョンと同じ)を設定するには:
    1. バックアップ 構成ファイルを新しいtarボール構成ファイルと比較します。
      • 廃止予定、削除済み、または変更済みの設定を探します。
      • カスタマイズを現在のDSEバージョンのNo Servicesインストールからtarボール・インストールに転送します。
      • 必ず、元のバージョンで設定されているのと同じディレクトリーの場所を使用してください。
  5. 残りのノードでこれらの手順を繰り返します。
  6. DSEクラスターを起動し、tarボールDSEインストールの適切な動作を確認します。
  7. すべてのノードが動作していることが確認されたら、tarボール・インストールはターゲットのDSE 6.0または6.7バージョンにアップグレードする資格があります。