バイナリーtarボールを使用したDataStax Enterprise 5.1のインストール

サポートされているLinuxベースのプラットフォームにDataStax Enterprise 5.1をインストールする手順。

バイナリーtarボールを使用して、Linuxベースのプラットフォームにrootパーミッションでインストールするには、次の手順を使用します。

バイナリーtarボールからインストールした場合、DataStax Enterpriseはスタンドアローン・プロセスとして実行されます。

この手順では、DataStax Enterprise 5.1とDataStax Agentをインストールします。OpsCenterDataStax Studioについて、またはDSE Graph Loaderの使用はインストールしません。インストールしたら、DataStax Enterpriseを構成して開始する必要があります。

注: DataStaxインストーラーには、Javadoc、DataStax Enterpriseデモ、DataStax Studio、およびDSE Graph Loaderなど、開発者関連ツールをインストールするオプションがあります。

始める前に

表 1. ハードウェアの要件
要件 最低 実稼働
CPU 2 16
メモリー 8 GB 24 GB
データ・ディレクトリー 20 GB 200 GB
コミット・ログ・ディレクトリー 20 GB 200 GB
保存されるキャッシュのディレクトリー 20 GB 200 GB
ログ・ディレクトリー 20 GB 200 GB
実稼働環境での推奨設定」および「DataStax Enterprise Reference Architecture」ホワイト・ペーパーも参照してください。

手順

注: DataStax Enterprise 5.1の最新バージョンは5.1.6です。

ターミナル・ウィンドウで:

  1. 必要なJavaのバージョンがインストールされていることを確認します。
    java -version

    Oracle Java 8、またはOpenJDK 8以外の場合は、「サポートのソフトウェアのインストール」を参照してください。

    重要: パッケージ管理ツールは、Oracle Javaをインストールしません。
  2. DataStax Academyアカウントの認証情報を使用して、DataStax Enterprise tarボールをダウンロードし、抽出します。

    最新バージョン(5.1.6)をインストールするには:

    curl --user dsa_email_address:password -L \ https://downloads.datastax.com/enterprise/dse.tar.gz | tar xz
    以前のバージョンをインストールするには、上記のコマンドにバージョン番号を追加します。例を次に示します。
    $ curl --user daenerys@ttargaryen.com:Dothraki_warlord -L \ https://downloads.datastax.com/enterprise/dse-5.1.0-bin.tar.gz | tar xz

    使用可能なバージョンを表示するには、『リリース・ノート』を参照してください。

    dsa_email_addresspasswordは、DataStax Academyアカウントの認証情報です。
    重要: 環境によっては、電子メール・アドレス内の@%40に置き換えて、オペレーティング・システムのコマンドラインで使用されている文字がパスワードに含まれている場合は、その文字をエスケープする必要がある場合があります。例:\!および\|.
    注意: 上記のコマンドを実行する場合、shellの履歴にパスワードが保持されます。これを避けるため、DataStaxでは--netrcまたは--netrc-fileオプションとともにcurlを使用することを推奨しています。あるいは、DataStaxダウンロードからtarボールをダウンロードしてください。

    ファイルがダウンロードされdse-5.1.6ディレクトリーに抽出されます。

  3. デフォルトのデータおよびロギングのディレクトリーを使用する場合は、ディレクトリーを作成して所有権を変更します。
    注: 独自のディレクトリーの場所を定義する場合は、「4」および「5」を参照してください。
    $ sudo mkdir -p /var/lib/cassandra; sudo chown -R $USER:$GROUP /var/lib/cassandra $ sudo mkdir -p /var/log/cassandra; sudo chown -R $USER:$GROUP /var/log/cassandra $ sudo mkdir -p /var/lib/dsefs; sudo chown -R $USER:$GROUP /var/lib/dsefs $ sudo mkdir -p /var/lib/spark; sudo chown -R $USER:$GROUP /var/lib/spark $ sudo mkdir -p /var/log/spark; sudo chown -R $USER:$GROUP /var/log/spark $ sudo mkdir -p /var/lib/spark/rdd; sudo chown -R $USER:$GROUP /var/lib/spark/rdd $ sudo mkdir -p /var/lib/spark/worker; sudo chown -R $USER:$GROUP /var/lib/spark/worker
  4. オプション: 独自のデータおよびロギング・ディレクトリーを定義するには:
    1. データおよびロギング・ディレクトリー用のディレクトリーを作成します。例を次に示します。
      $ mkdir installation_location/dse-data $ cd dse-data $ mkdir commitlog $ mkdir saved_caches $ mkdir hints
    2. cassandra.yamlファイルを含んでいるディレクトリーに移動します:
      $ cd installation_location/resources/cassandra/conf
    3. cassandra.yamlファイルの以下の行を編集します。
      cassandra.yamlファイルの場所は、インストールのタイプによって異なります。

      パッケージ・インストールInstaller-Servicesインストール

      /etc/dse/cassandra/cassandra.yaml

      tarボール・インストールInstaller-No Servicesインストール

      installation_location/resources/cassandra/conf/cassandra.yaml
      data_file_directories: installation_location/dse-data
      commitlog_directory: installation_location/dse-data/commitlog
      saved_caches_directory: installation_location/dse-data/saved_caches
      hints_directory: installation_location/dse-data/hints
  5. オプション: 独自Sparkディレクトリーを定義するには:
    1. Spark libおよびlogディレクトリー用のディレクトリーを作成します。
    2. Sparkノードの構成」で説明しているように、Spark libおよびlogディレクトリーの場所に一致するように、spark-env.shファイルを編集します。
      spark-env.shファイルのデフォルトの場所は、インストールのタイプによって異なります。

      パッケージ・インストールInstaller-Servicesインストール

      /etc/dse/spark/spark-env.sh

      tarボール・インストールInstaller-No Servicesインストール

      installation_location/resources/spark/conf/spark-env.sh
    3. DSEFSデータ・ディレクトリー用のディレクトリーを作成してdsefsオプションでその場所を設定します。

    DataStax Enterpriseは、追加の構成を開始できる状態です。

  6. オプション: 単一ノード・クラスターでのインストールのみ:
    1. インストール・ディレクトリーからDataStax Enterpriseを起動します。
      bin/dse cassandra
      ここで、installation directoryは以下のいずれかです。
      • /usr/share/dse
      • DataStax Enterpriseをインストールしたディレクトリー。
      注: 他の起動オプションについては、「DataStax Enterpriseをスタンドアローン・プロセスとして起動」を参照してください。
    2. installation directoryからDataStax Enterpriseが実行されていることを確認します。
      bin/nodetool status
      vnodeを使用している場合:
      Datacenter: Cassandra
      =====================
      Status=Up/Down
      |/ State=Normal/Leaving/Joining/Moving
      --  Address    Load       Tokens  Owns    Host ID                               Rack
      UN  127.0.0.1  82.43 KB   128     ?       40725dc8-7843-43ae-9c98-7c532b1f517e  rack1
      vnodeを使用していない場合:
      Datacenter: Analytics
      =====================
      Status=Up/Down
      |/ State=Normal/Leaving/Joining/Moving
      --  Address         Load       Owns    Host ID                               Token                 Rack
      UN  172.16.222.136  103.24 KB  ?       3c1d0657-0990-4f78-a3c0-3e0c37fc3a06  1647352612226902707   rack1

次のタスク

cassandra.yamlファイルの場所は、インストールのタイプによって異なります。

パッケージ・インストールInstaller-Servicesインストール

/etc/dse/cassandra/cassandra.yaml

tarボール・インストールInstaller-No Servicesインストール

installation_location/resources/cassandra/conf/cassandra.yaml
dse.yamlファイルの場所は、インストールのタイプによって異なります。

パッケージ・インストールInstaller-Servicesインストール

/etc/dse/dse.yaml

tarボール・インストールInstaller-No Servicesインストール

installation_location/resources/dse/conf/dse.yaml