dsetool list_subranges

キースペース内のデータのサブ範囲をリストして、より小さなサブ範囲数でトークン範囲を説明します。

より小さなサブ範囲数にトークン範囲を分割して、キースペース内のデータのサブ範囲をリストします。指定する範囲がターゲット・ノードの主な範囲に含まれている場合に便利です。

構文

dsetool list_subranges keyspace_name table_name 
keys_per_range start_token end_token
表 1. 凡例
構文規則 説明
大文字 リテラル・キーワード。
小文字 リテラル以外。
イタリック体 変数値。有効なオプションまたはユーザー定義値と置き換えます。
[ ] 任意。角かっこ([])で任意指定のコマンド引数を囲みます。角かっこは入力しないでください。
( ) グループ。丸かっこ(( ))は、選択肢を含むグループを示します。丸かっこは入力しないでください。
| または。縦棒(|)で代替要素を区切ります。要素のいずれかを入力してください。縦棒は入力しないでください。
... 繰り返し可能。省略記号(...)は、構文要素を必要な回数だけ繰り返すことができることを示します。
'Literal string' 単一引用符(')でCQL文内のリテラル文字を囲みます。大文字を維持するには、単一引用符を使用します。
{ key:value } マップ・コレクション。中かっこ({ })でマップ・コレクションまたはキーと値のペアを囲みます。コロンでキーと値を区切ります。
<datatype1,datatype2> セット、リスト、マップ、またはタプル。山かっこ(< >)で、セット、リスト、マップまたはタプル内のデータ型を囲みます。データ型はコンマで区切ります。
cql_statement; CQL文の終了。セミコロン(; )ですべてのCQL文を終了します。
[ -- ] コマンドライン・オプションとコマンド引数は、2つのハイフン(--)で区切ります。この構文は、引数がコマンドライン・オプションと間違われる可能性がある場合に役立ちます。
'<schema> ...</schema> ' 検索CQLのみ:単一引用符(' )でXMLスキーマ宣言全体を囲みます。
@xml_entity='xml_entity_type' 検索CQLのみ:スキーマ・ファイルおよびsolrconfigファイル内のXML要素を上書きする実体とリテラル値を示します。
keyspace_name table_name
キースペース・テーブル・ペア
keys_per_range
サブ範囲あたりのおおよその行数。
start_token
指定したトークン範囲の開始トークン。
end_token
指定したトークン範囲の終了トークン。

コマンドを実行するには:
dsetool list_subranges demo health_data 10000 113427455640312821154458202477256070485 0
サブ範囲が出力され、nodetool repairコマンドへの入力として使用できます。
Start Token                             End Token                               Estimated Size
------------------------------------------------------------------------------------------------
113427455640312821154458202477256070485 132425442795624521227151664615147681247 11264
132425442795624521227151664615147681247 151409576048389227347257997936583470460 11136
151409576048389227347257997936583470460 0                                       11264