dsetool unload_core

検索インデックスを削除します。

検索インデックスを削除します。[-l username -p password]のDSE認証をサポートしています。

テーブルから検索インデックスを削除し、クラスター全体の関連データをすべて削除するには、検索インデックスを参照してください。

テーブル・スキーマからのセカンダリ・インデックスの削除は常に分散されます。

制約事項: コマンドは、DSE Searchワークロードを実行するノードでのみサポートされています。

構文

dsetool unload_core keyspace_name.table_name 
[deleteDataDir=(true|false)]
[deleteResources=(true|false)]
[distributed=(true|false)]
表 1. 凡例
構文規則 説明
大文字 リテラル・キーワード。
小文字 リテラル以外。
イタリック体 変数値。有効なオプションまたはユーザー定義値と置き換えます。
[ ] 任意。角かっこ([])で任意指定のコマンド引数を囲みます。角かっこは入力しないでください。
( ) グループ。丸かっこ(( ))は、選択肢を含むグループを示します。丸かっこは入力しないでください。
| または。縦棒(|)で代替要素を区切ります。要素のいずれかを入力してください。縦棒は入力しないでください。
... 繰り返し可能。省略記号(...)は、構文要素を必要な回数だけ繰り返すことができることを示します。
'Literal string' 単一引用符(')でCQL文内のリテラル文字を囲みます。大文字を維持するには、単一引用符を使用します。
{ key:value } マップ・コレクション。中かっこ({ })でマップ・コレクションまたはキーと値のペアを囲みます。コロンでキーと値を区切ります。
<datatype1,datatype2> セット、リスト、マップ、またはタプル。山かっこ(< >)で、セット、リスト、マップまたはタプル内のデータ型を囲みます。データ型はコンマで区切ります。
cql_statement; CQL文の終了。セミコロン(; )ですべてのCQL文を終了します。
[ -- ] コマンドライン・オプションとコマンド引数は、2つのハイフン(--)で区切ります。この構文は、引数がコマンドライン・オプションと間違われる可能性がある場合に役立ちます。
'<schema> ...</schema> ' 検索CQLのみ:単一引用符(' )でXMLスキーマ宣言全体を囲みます。
@xml_entity='xml_entity_type' 検索CQLのみ:スキーマ・ファイルおよびsolrconfigファイル内のXML要素を上書きする実体とリテラル値を示します。
deleteDataDir=( true | false )
solr.dataディレクトリー内のインデックス・データとその他すべてのアーチファクトを削除するかどうかを指定します。
有効な値:
  • true - solr.dataディレクトリー内のインデックス・データとその他すべてのアーチファクトを削除します。DataStax Enterpriseデータは削除されません
  • false - デフォルト。インデックス・データまたはその他のアーチファクトを削除しません。
deleteResources=( true | false )
検索インデックスに関連付けられたリソースを削除するかどうかを指定します。たとえば、solrconfig.xmlschema.xmlです。
有効な値:
  • true - インデックス・リソースを削除します。
  • false - デフォルト。インデックス・リソースを削除しません。
distributed=( true | false )
ローカル・データ・センター内のすべてのノードに操作を配布して適用するかどうかを指定します。Falseを指定すると、操作は送信先のノードのみに適用されます。Falseはrecovery=trueの場合にのみ機能します。

デフォルト:true

警告: 再作成したインデックスをデータ・センター全体に配布すると、そのデータ・センターのパフォーマンスが大きく低下します。