DataStaxインストーラーを使用したDataStax Enterprise 4.5から最大5.1へのアップグレード

DataStaxインストーラー用のDataStax Enterpriseアップグレード手順。

cassandra.yaml

cassandra.yamlファイルの場所は、インストールのタイプによって異なります。

パッケージ・インストール
                  Installer-Servicesのインストール(DSE 4.5~5.1)

/etc/cassandra/cassandra.yaml

tarボール・インストール
                   Installer-No Servicesのインストール(DSE 4.5~5.1)

install_location/conf/cassandra.yaml

dse.yaml

dse.yamlファイルの場所は、インストールのタイプによって異なります。
パッケージ・インストール /etc/dse/dse.yaml
tarボール・インストール installation_location/resources/dse/conf/dse.yaml

DataStax Enterpriseインストーラーのデフォルトのバックアップ場所(DSE 4.5~5.1)

バックアップ・ディレクトリー名は日付と時刻に基づきます。例を次に示します。20170212_221550
Installer-Services /usr/share/dse/backups/backup_file_dir
Installer-No Services install_location/backups/backup_file_dir
これらの手順は、GUIインストーラーを使用してDataStax Enterprise(DSE)のバージョンを最大5.1までアップグレードする方法を示しています。
注: DataStaxインストーラーは、DSE 6.0以降では削除されています。
DataStaxインストーラーは、DataStax Enterpriseをアップグレードし、多数のアップグレード・タスクを自動的に実行します。
  • 現在実行中のノードをドレーンします。
  • 構成ファイルを維持し、そのファイルをバックアップ・ディレクトリーに配置します。
  • 前にインストールされたパッケージを除去します。
  • 新しいエントリで cassandra.yaml およびdse.yaml 構成ファイルを更新します。

前提条件

DataStaxインストーラーを使用して最新バージョンのDataStax Enterpriseにアップグレードするには、以下の要件が満たされていることを確認してください。

  • 4.8にアップグレードする場合はDataStax Enterprise 4.5または4.6
  • 5.0にアップグレードする場合はDataStax Enterprise 4.7または4.8
  • 5.1にアップグレードする場合はDataStax Enterprise 5.0
重要: アップグレードの前にこれらの手順を読み、理解しておいてください。計画およびアップグレード手順を細かく確認しておくと、スムーズなアップグレードが保証され、不備や不満が生じるのを避けることができます。

DataStaxインストーラーを使用したLinuxインストールのアップグレード

  1. リリースの変更点と機能についてよく理解しておいてください。
    • DataStax Enterprise 5.15.0、および4.8のリリース・ノート
    • アップグレードに関する一般的なアドバイスおよびCassandraの機能については、NEWS.txtに記載されています。以前のバージョンからアップグレードする場合は、NEWS.txtで現在ご使用のバージョンに関する箇所まですべてお読みください。
    • Cassandraでの変更点については、CHANGES.txtに記載されています。
  2. 現在の製品バージョンを確認します。必要に応じて、中間バージョンにアップグレードします。
    現在のバージョン アップグレード・バージョン
    DataStax Enterprise 5.0 DataStax Enterprise 5.1
    DataStax Enterprise 4.7または4.8 DataStax Enterprise 5.0
    DataStax Enterprise 4.0、4.5、または4.6 DataStax Enterprise 4.8
    DataStax Communityまたはオープン・ソースのApache Cassandra™ 2.0.x DataStax Enterprise 4.8
    DataStax Community 3.0.x DataStax Enterprise 5.1
    Apache Cassandra™ 3.xのDataStaxディストリビューション DataStax Enterprise 5.0
  3. Java Runtimeバージョンを確認し、推奨バージョンにアップグレードしてください。
    java -version
    DataStax Enterprise 4.7または4.8
    Oracle Java SE Runtime Environment 7または8、あるいはOpenJDK 7の最新バージョンが推奨されます。開発および実稼働システムではJDKを推奨しています。JDKには、jstack、jmap、jps、jstatなどのJREにはないトラブルシューティング用のツールがあります。
    注: Oracle Java 7を使用する場合は、最低でも1.7.0_25を使用する必要があります。Oracle Java 8を使用する場合は、最低でも1.8.0_40を使用する必要があります。
    DataStax Enterprise 5.0以降

    開発および実稼働システムではJDKを推奨しています。JDKには、jstack、jmap、jps、jstatなどのJREにはないトラブルシューティング用のツールがあります。

  4. ご使用のコンピューター用のインストーラーをDataStaxダウンロード・ページからダウンロードするか、次のコマンドを使用します。
    curl --user dsa_email_address:password -O https://downloads.datastax.com/enterprise/DataStaxEnterprise-5.1.x-linux-x64-installer.run
    たとえば、Aliceは、次のコマンドを実行してDSE 5.1.0をダウンロードできます。
    curl --user alice@email.com:password -O https://downloads.datastax.com/enterprise/DataStaxEnterprise-5.1.0-linux-x64-installer.run
  5. インストール・ファイルをダウンロードしたディレクトリーで、ファイルを実行可能に変更し、sudoコマンドを使用して実行します。
    $ chmod +x DataStaxEnterprise-version_number-linux-x64-installer.run ## Changes permission to executable
    $ sudo ./DataStaxEnterprise-version_number-linux-x64-installer.run
  6. セットアップ・ウィザードの指示に従います。ウィザードでの設定の詳細については、5.15.0、または4.8のインストール手順を参照してください。
  7. DataStax Enterpriseを起動します。
    sudo service dse start ## Starts the DataStax Enterprise server
  8. (DataStax Enterprise 4.7および4.8の場合のみ)DataStaxエージェントを起動します。
    sudo service datastax-agent start
    注: DataStax Enterprise 5.0の場合は、OpsCenter 6.0のドキュメントを参照してください。DataStax Enterprise 5.1の場合は、OpsCenter 6.1のドキュメントを参照してください。
  9. DataStax Enterpriseが実行中であることを確認します。
    nodetool status