DataStax Enterprise 4.6へのアップグレード

DataStax Enterpriseバージョン3.2.5~4.5からDataStax Enterprise 4.6にアップグレードする手順。

アップグレードの順序

ノードは以下の順序でアップグレードします。
  • 複数データ・センター・クラスターでは、1つのデータ・センター内のすべてのノードをアップグレードしてから、別のデータ・センターをアップグレードします。
  • データ・センター内のシード・ノードを最初にアップグレードします。
  • ノードは以下の順序でアップグレードします。
    1. DSE Analyticsデータ・センター
    2. トランザクション/DSE Graphデータ・センター
    3. DSE Searchデータ・センター

DataStax EnterpriseおよびApache Cassandra™の構成ファイル

構成ファイル Installer-Servicesおよびパッケージ・インストール Installer-No Servicesおよびtarボール・インストール
DataStax Enterpriseの構成ファイル
byoh-env.sh /etc/dse/byoh-env.sh install_location/bin/byoh-env.sh
dse.yaml /etc/dse/dse.yaml install_location/resources/dse/conf/dse.yaml
logback.xml /etc/dse/cassandra/logback.xml install_location/resources/logback.xml
spark-env.sh /etc/dse/spark/spark-env.sh install_location/resources/spark/conf/spark-env.sh
spark-defaults.conf /etc/dse/spark/spark-defaults.conf install_location/resources/spark/conf/spark-defaults.conf
Cassandraの構成ファイル
cassandra.yaml /etc/cassandra/cassandra.yaml install_location/conf/cassandra.yaml
cassandra.in.sh /usr/share/cassandra/cassandra.in.sh install_location/bin/cassandra.in.sh
cassandra-env.sh /etc/cassandra/cassandra-env.sh install_location/conf/cassandra-env.sh
cassandra-rackdc.properties /etc/cassandra/cassandra-rackdc.properties install_location/conf/cassandra-rackdc.properties
cassandra-topology.properties /etc/cassandra/cassandra-topology.properties install_location/conf/cassandra-topology.properties
jmxremote.password /etc/cassandra/jmxremote.password install_location/conf/jmxremote.password
Tomcatサーバーの構成ファイル
server.xml /etc/dse/resources/tomcat/conf/server.xml install_location/resources/tomcat/conf/server.xml

dse.yaml

dse.yamlファイルの場所は、インストールのタイプによって異なります。

パッケージ・インストール
                  Installer-Servicesのインストール(DSE 4.5~5.1)

/etc/dse/dse.yaml

tarボール・インストール
                   Installer-No Servicesのインストール(DSE 4.5~5.1)

install_location/resources/dse/conf/dse.yaml

DataStaxドライバーの変更点

DataStaxドライバーには2つのタイプがあります。

  • DataStax Enterprise用DataStaxドライバー:DSE 4.8以降用
  • Apache Cassandra™用DataStaxドライバー:Apache Cassandra™およびDSE 4.7以前のバージョン用
注: Apache Cassandraドライバー用のDataStaxドライバーは、DSE 5.0以降のクラスターに接続できますが、DSEドライバーにアップグレードすることを強くお勧めします。DSEドライバーでは、DataStax Enterpriseのすべての機能を使用できます。
表 1. アップグレードの情報は、各ドライバーのガイドに含まれています。
DataStax Enterprise用DataStaxドライバー Apache Cassandra用DataStaxドライバー
C/C++ C/C++
C# C#
Java Java
Node.js Node.js
Python Python
メンテナンス・モード・ドライバー
DataStaxでサポートされますが、新しいバージョンには重大なバグの修正のみが含まれます。
PHP PHP
Ruby Ruby
追加のドライバーのドキュメント
すべてのドライバー バージョンの互換性

cassandra.yaml

cassandra.yamlファイルの場所は、インストールのタイプによって異なります。

パッケージ・インストール
                  Installer-Servicesのインストール(DSE 4.5~5.1)

/etc/cassandra/cassandra.yaml

tarボール・インストール
                   Installer-No Servicesのインストール(DSE 4.5~5.1)

install_location/conf/cassandra.yaml

Cassandraのメジャー・バージョンのアップグレード

Apache Cassandraのメジャー・リリースを含むアップグレードには、SSTableのアップグレードが必要です。
  • DataStax Enterprise 6.7はCassandra 3.11と互換性があります。
  • DataStax Enterprise 6.0はCassandra 3.11と互換性があります。
  • DataStax Enterprise 5.1はCassandra 3.11を使用します。
  • DataStax Enterprise 5.0はCassandra 3.0を使用します。
  • DataStax Enterprise 4.7~4.8はCassandra 2.1を使用します。
  • DataStax Enterprise 4.0~4.6はCassandra 2.0を使用します。

DataStax Enterpriseバージョン3.2.5~4.5からDataStax Enterprise 4.6にアップグレードするには、以下の手順に従います。

重要: アップグレードの前にこれらの手順を読み、理解しておいてください。計画およびアップグレード手順を細かく確認しておくと、スムーズなアップグレードが保証され、不備や不満が生じるのを避けることができます。

Cassandraのバージョン変更

DataStax Enterprise 3.2.5から4.6へのアップグレードには、Cassandraのメジャー・バージョン の変更が含まれます。SSTableをアップグレードするための推奨事項に必ず従ってください。

一般的な推奨事項

DataStaxでは、バージョン・アップグレードの前に、ログ、カスタム構成などのデータをバックアップすることを推奨しています。バックアップすることによって、必要に応じて前のバージョンで使用したすべてのデータに戻したり、そのデータを復元したりすることができます。

OpsCenterでは、Backup Service(バックアップ・サービス)が提供されます。このサービスは、DataStax Enterpriseクラスターの企業全体のバックアップ操作と復元操作を管理します。OpsCenter 6.5以降が推奨されます。

アップグレードの制限事項

制限事項は、クラスターの一部が部分的にアップグレードされている状態で適用されます。

これらの例外により、クラスター内のすべてのノードがアップグレードされるまで、クラスターはDataStax Enterpriseの以前のバージョンであるかのように機能し続けます。

アップグレード中の一般的な制限事項
  • 新しい機能を有効にしないでください
  • nodetool repairを実行しないでください。OpsCenter Repair Serviceが構成されている場合は、Repair Serviceをオフにします
  • OpsCenterの互換性を確認してください。DSE 6.0クラスターを管理するには、OpsCenter 6.5が必要です。「DataStax OpsCenterとDataStax Enterpriseの互換性」を参照してください。
  • アップグレード中は、ノードをブートストラップしたり、使用廃止にしたりしないでください。
  • ローリング再起動中に、DDLTRUNCATEのような種類のCQLクエリーを実行しないでください。
  • バージョンが混在しているクラスターではChange Data Capture(CDC)を有効にしないでください。すべてのノードをDSE 5.1以降にアップグレードしてからCDCを有効にしてください。
  • 必要なときにSSTableをアップグレードしなかった場合、パフォーマンスが大幅に低下し、ディスク使用量が増加します。アップグレードは、SSTableがアップグレードされるまで完了しません。
注: アップグレード中、異なるバージョン上のノードでスキーマの不一致が発生する場合があります。
  • NodeSyncは、すべてのノードがアップグレードされるまで起動を待機します。
  • バージョンが混在しているクラスターではChange Data Capture(CDC)を有効にしないでください。すべてのノードをアップグレードしてからCDCを有効にしてください。
DSE Graphノードの制限事項
グラフノードには、実行するワークロードと同じ制限事項があります。アップグレード中はグラフ・スキーマを変更しないでください。アップグレード中にOLAPクエリーを実行しないなどの、ワークロードに固有の制限事項は、analyticsおよびsearchノードに適用されます。
DSE Analytic(HadoopおよびSpark)ノードの制限事項
  • すべてのノードがアップグレードされるまで、分析ジョブを実行しないでください。
  • ノードを停止して新しいバージョンをインストールする前に、すべてのSparkワーカー・プロセスを強制終了してください。
DSE Analytic(Spark)ノードの制限事項
  • すべてのノードがアップグレードされるまで、分析ジョブを実行しないでください。
DSE Analytic(Spark)ノードの制限事項
  • すべてのノードがアップグレードされるまで、分析ジョブを実行しないでください。
  • SparkワーカーおよびSparkマスターが起動する前にクラスター内のすべてのノードを新しいバージョンにアップグレードしておく必要があります。
DSE Analytic(Spark)ノードの制限事項
  • すべてのノードがアップグレードされるまで、分析ジョブを実行しないでください。
  • ノードを停止して新しいバージョンをインストールする前に、すべてのSparkワーカー・プロセスを強制終了してください。
DSE Searchアップグレードの制限事項
  • スキーマを更新しないでください。
  • アップグレード中にDSE Searchノードにインデックスを付け直さないでください。
  • DSE 6.0以降のバージョンは新しいLuceneコーデックを使用しています。この新しいコーデックで書かれたセグメントは、以前のバージョンのDSEでは読み取れません。以前のバージョンにダウングレードするには、問題となる可能性のある検索インデックスのデータ・ディレクトリー全体を消去する必要があります。
    • DataStax Enterprise 6.7のDSE SearchはApache Solr 6.0を使用します。この大幅な変更により、アップグレードの前後で、事前の計画と特定の措置が求められます。
DSE Searchアップグレードの制限事項
  • スキーマを更新しないでください。
  • アップグレード中にDSE Searchノードにインデックスを付け直さないでください。
  • DSE 6.0以降のバージョンは新しいLuceneコーデックを使用しています。この新しいコーデックで書かれたセグメントは、以前のバージョンのDSEでは読み取れません。以前のバージョンにダウングレードするには、問題となる可能性のある検索インデックスのデータ・ディレクトリー全体を消去する必要があります。
  • DataStax Enterprise 5.1以降のDSE SearchはApache Solr 6.0を使用します。この大幅な変更により、アップグレードの前後で、事前の計画と特定の措置が求められます。
重要: DSE SearchまたはSearchAnalyticsワークロードをアップグレードする前に、「DSE SearchおよびSearchAnalyticsノードをアップグレードするための高度な準備」セクションの特定のタスクに従う必要があります。
DSE Searchアップグレードの制限事項
  • スキーマを更新しないでください。
  • アップグレード中にDSE Searchノードにインデックスを付け直さないでください。
DSE Search(Solr)ノードの制限事項
  • スキーマを更新しないでください。
  • アップグレード中にDSE Searchノードにインデックスを付け直さないでください。
  • ローリング再起動中に、BATCHTRUNCATEのような種類のクエリーを実行しないでください。
  • バージョンが混在しており、DataStax Enterprise 4.7または4.8ではページネーションがサポートされていますが、旧バージョンではサポートされていないという状況でのクラスター上のアップグレード・プロセス中には、アップグレードされたノードからクエリーを実行すると、フェッチサイズの結果しか返されません。
任意の種類のセキュリティを使用するノードの制限事項
  • すべてのノードでアップグレードが完了するまで、セキュリティ認証情報またはパーミッションを変更しないでください。
  • Kerberosをまだ使用していない場合は、アップグレードの前にKerberos認証を設定しないでください。最初にクラスターをアップグレードしてからKerberosをセットアップしてください。
任意の種類のセキュリティを使用するノードの制限事項
  • アップグレードの完了後まで、セキュリティ認証情報またはパーミッションを変更しないでください。
ドライバー・バージョンに互換性がない場合のドライバーのアップグレードと被る可能性のある影響
ドライバーの互換性を必ず確認してください。ドライバー・バージョンによっては、クライアント・アプリケーション・コードの再コンパイルが必要になる場合があります。参照先: DataStaxドライバーの変更点
クラスターでドライバーのバージョンが混在している場合、アップグレード中にドライバー固有の影響がある場合があります。クラスターにバージョンの混在がある場合、プロトコル・バージョンはドライバーが接続する最初のホストとネゴシエートされます。アップグレード中にドライバーのバージョン互換性の喪失を回避するには、以下の回避策のいずれかを使用してください。
  • プロトコル・バージョン:一部のドライバーでは異なるプロトコル・バージョンを使用できるため、起動時にプロトコル・バージョンを強制します。たとえば、ドライバー・アップグレード中はJavaドライバーを現在のプロトコル・バージョンのままにしておきます。クラスター内のすべてのノードでアップグレードが完了してから、はじめてJavaドライバーを新しいプロトコル・バージョンに切り替えてください。
  • 初期のコンタクト・ポイント:初期のコンタクト・ポイントのリストに、最も古いドライバー・バージョンのあるホストのみが含まれることを確認します。たとえば、初期のコンタクト・ポイントにはJavaドライバーv2のみが含まれます。
プロトコル・バージョンのネゴシエーションの詳細については、ご使用のJavaドライバー・バージョン(たとえばJavaドライバー)の「混在クラスターのあるプロトコル・バージョン」を参照してください。

3.2.5以降から4.6へのアップグレードの準備

ヒント: DataStaxインストーラーは、DataStax Enterpriseをアップグレードし、多数のアップグレード・タスクを自動的に実行します。
DataStaxインストーラーを使用しない場合、DataStax Enterprise 3.2.5以降からDataStax Enterprise 4.6へのアップグレードに備えるには、各ノードで以下の手順に従います。
  1. アップグレードの前に、各ノードに十分な量の空きディスク領域があることを確認してください。

    必要なディスク領域は、コンパクション戦略によって異なります。「ディスク領域」を参照してください。

  2. 現在の製品バージョンを確認します。4.6にアップグレードする前に、必要に応じて、次のいずれかの中間バージョンにアップグレードします。
    • DataStax Enterprise 3.2.5以降
    • DataStax Communityまたはオープン・ソースのApache Cassandra™ 1.2.16
  3. すべてのSSTableが最新バージョンとなるように、各ノード上のSSTableをアップグレードしてください。
    nodetool upgradesstables
    この手順は、 Cassandraのメジャー・バージョン の変更を含むDataStax Enterpriseのアップグレードに必要です。
    警告: 必要なときにSSTableをアップグレードしなかった場合、パフォーマンスが大幅に低下し、ディスク使用量が増加します。

    SSTableが既に現在のバージョンになっている場合、このコマンドは即座に終了し、アクションは発生しません。

  4. 3.2.xからのアップグレードの場合のみ:このcassandra.yaml ファイルを編集して、以下のオプションを除去またはコメント・アウトします。
    # auth_replication_options: 
    # replication_factor: 1
  5. Searchノードのある4.0.0から4.5へのアップグレードの場合のみ:searchノードのあるDataStax Enterprise 4.0.0からのアップグレード」を参照してください。
  6. Java Runtimeバージョンを確認し、推奨バージョンにアップグレードしてください。
    java -version
    Oracle Java SE Runtime Environment 7または8、あるいはOpenJDK 7の最新バージョンが推奨されます。開発および実稼働システムではJDKを推奨しています。JDKには、jstack、jmap、jps、jstatなどのJREにはないトラブルシューティング用のツールがあります。
    注: Oracle Java 7を使用する場合は、最低でも1.7.0_25を使用する必要があります。Oracle Java 8を使用する場合は、最低でも1.8.0_40を使用する必要があります。
  7. このリリースの変更点と機能について十分理解してください。
    • DataStax Enterprise 4.6のリリース・ノート。
      エンドポイント・スニッチ:DataStax Enterprise 4.6からは、エンドポイント・スニッチは cassandra.yamlで設定され、dse.yamlでは設定されません。com.datastax.bdp.snitch.DseDelegateSnitchは、cassandra.yaml内でcom.datastax.bdp.snitch.DseSimpleSnitchで置き換えられ、endpoint_snitchオプションはdse.yamlから削除されました。
      注: DataStaxインストーラーは、自動的にデフォルトのendpoint_snitchDseSimpleSnitchに設定し、dse.yamlファイルからこのオプションを削除します。
    • アップグレードに関する一般的なアドバイスおよびApache Cassandraの機能については、NEWS.txtに記載されています。以前のリリースからアップグレードする場合は、NEWS.txtで現在ご使用のバージョンに関する箇所まですべてお読みください。
    • Apache Cassandraでの変更点については、CHANGES.txtに記載されています。
  8. 使用する 構成 ファイルを、コマンドを通常実行するディレクトリーにないフォルダーにバックアップします。

    構成ファイルは、新しいバージョンのインストール中にデフォルト値で上書きされます。

  9. nodetool repairを実行して、各レプリカ上のデータと他のノード上のデータの整合性を確保します。

3.2.5以降から4.6へのアップグレード

DataStax Enterpriseのアップグレード・プロセスは、ダウンタイムの最小化(ゼロ・ダウンタイムが理想)を実現します。プロセス中、他のノードがオンラインで稼働し続けている状態でノードを1つずつアップグレードして再起動します。若干の例外はありますが、クラスター内のすべてのノードがアップグレードされるまで、クラスターはDataStax Enterpriseの以前のバージョンであるかのように機能し続けます。

DataStax Enterprise 3.2.5以降からDataStax Enterprise 4.6にアップグレードするには、各ノードで以下の手順に従います。

  1. アップグレードの順序は重要です。ノードは以下の順序でアップグレードします。
    • 複数データ・センター・クラスターでは、1つのデータ・センター内のすべてのノードをアップグレードしてから、別のデータ・センターをアップグレードします。
    • データ・センター内のシード・ノードを最初にアップグレードします。

      DSE Hadoopを使用するDSE Analyticsノードでは、Job Trackerノードを最初にアップグレードします。次にHadoopノード、Sparkノードの順にアップグレードします。

    • ノードは以下の順序でアップグレードします。
      1. DSE Analyticsデータ・センター
      2. トランザクション/DSE Graphデータ・センター
      3. DSE Searchデータ・センター
    若干の例外はありますが、クラスター内のすべてのノードがアップグレードされるまで、クラスターはDataStax Enterpriseの以前のバージョンであるかのように機能し続けます。ノードは1つずつアップグレードして再起動してください。クラスター内の他のノードは、すべてのノードがアップグレードされるまで、最も古いバージョンで動作します。
  2. 古いインストールのコミット・ログをフラッシュするには、次のようにします。
    nodetool -h hostname drain
    この手順により、アップグレード後のノードの起動時に時間が節約されるほか、DSE Searchノードでデータに再度インデックス付けする手間を省くことができます。
    重要: SSTable形式を変更し、前のバージョンのコミット・ログのレンダリングが新しいバージョンと互換性がないCassandraのメジャー・バージョン間でアップグレードを行う場合、この手順は必須です。
  3. DSE Analyticsノード:すべてのSparkワーカー・プロセスを強制終了します。
  4. ノードを停止します(ノードの停止)。
  5. 適切なインストール・タイプを使用して、サポートされるプラットフォームに新しい製品バージョンをインストールします。
    注: システム上にある同じインストール・タイプを使用して新しい製品バージョンをインストールします。アップグレードではインストール・タイプに関係なくインストールを行います。異なるインストール・タイプを使用する場合、アップグレードで問題が発生する可能性があります。
  6. cassandra.yamlを開き、endpoint_snitchオプションをdse.yamldelegated_snitchで設定したものと同じスニッチに設定します。
    endpoint_snitch: com.datastax.bdp.snitch.DseSimpleSnitch
  7. 古いdse.yamlファイルからdelegated_snitchオプションを削除します。
  8. 新しいバージョンを構成するには、バックアップされた構成ファイルを使用して変更を新しいバージョンの構成ファイルにマージします。
  9. ノードを起動します。
  10. アップグレード後のデータ・センター名がキースペース・スキーマ定義内のデータ・センター名と一致することを確認します。
    nodetool status
  11. 警告、エラー、および例外がないか、ログを確認します。

    多くの場合、警告、エラー、および例外は、アップグレードしたノードの起動時にログに表示されます。これらのログ・エントリーの一部は、固有のアップグレード関連の手順を実行するときに役立ちます。予想しなかった警告、エラー、または例外が表示された場合は、DataStaxサポートまでお問い合わせください。

  12. 推奨される 順序に従って、クラスター内の各ノードでアップグレードを繰り返します。
  13. アップグレードに Cassandraのメジャー・バージョンが含まれている場合は、SSTableのアップグレードが必要です。DataStaxでは、一度に1つのノード(ラックを使用している場合は一度に1つのラック)のSSTableをアップグレードすることを推奨します。
    警告: 必要なときにSSTableをアップグレードしなかった場合、パフォーマンスが大幅に低下し、ディスク使用量が増加します。アップグレードは、SSTableがアップグレードされるまで完了しません。
    nodetool upgradesstables

    SSTableが既に現在のバージョンになっている場合、このコマンドは即座に終了し、アクションは発生しません。「SSTableの互換性とアップグレード・バージョン」を参照してください。

    同時にアップグレードするSSTableの数を設定するには、--jobsオプションを使用します。デフォルト設定は2です。この設定にすると、クラスターへの影響を最小限に抑えられます。利用可能なすべてのコンパクション・スレッドを使用するには、0に設定します。DataStaxでは、一度に1つのノード(ラックを使用している場合は一度に1つのラック)で、upgradesstablesコマンドを実行することを推奨します。

    注: すべてのノードがアップグレードされる前にupgradesstablesコマンドを実行できます。ただし、このコマンドを一度に1つのノード(ラックを使用する場合は一度に1つのラック)のみで実行する場合に限ります。upgradesstablesを実行するノードが多すぎると、パフォーマンスが低下します。