cfs-stressツール

cfs-stressツールは、Cassandraファイル・システム(CFS)層のストレス・テストを実行します。

構文

cfs-stress [options] cfs_directory listen_address

デフォルトのIPアドレスは、cassandra.yamlファイル内のlisten_addressプロパティです。localhostを使用していない場合は、正しいIPアドレスを指定します。

表 1. 凡例
構文規則 説明
イタリック体 変数値。ユーザー定義値と置き換えます。
[ ] 任意。角かっこ([])で任意指定のコマンド引数を囲みます。角かっこは入力しないでください。
( ) グループ。丸かっこ(( ))は、選択肢を含むグループを示します。丸かっこは入力しないでください。
| または。縦棒(|)で代替要素を区切ります。要素のいずれかを入力してください。縦棒は入力しないでください。
[ -- ] コマンドライン・オプションとコマンド引数は、2つのハイフン(--)で区切ります。この構文は、引数がコマンドライン・オプションと間違われる可能性がある場合に役立ちます。

説明

cfs-stressツールは、Cassandraファイル・システム(CFS)層のストレス・テストを実行します。

データ 説明
progress ストレス操作の全体進行状況。
bytes 書き込み/読み取りが行われた合計バイト
curr rate 1秒間に書き込み/読み取りが行われるバイトの現在の速度。
avg rate 1秒間に書き込み/読み取りが行われるバイトの平均速度。
max latency 現在のレポート・ウィンドウにおける最大レイテンシー(単位はミリ秒)。
cassandra.yamlファイルの場所は、インストールのタイプによって異なります。

パッケージ・インストールInstaller-Servicesインストール

/etc/dse/cassandra/cassandra.yaml

tarボール・インストールInstaller-No Servicesインストール

installation_location/resources/cassandra/conf/cassandra.yaml