dseコマンド

dseコマンドは、DataStax Enterpriseを起動および使用するための追加の制御を提供します。

dseコマンドは、DataStax Enterprise(DSE)を起動および使用するための追加の制御を提供します。

構文

パッケージおよびInstaller-Servicesのインストール:
dse connection_options subcommand [command_arguments]
tarボールおよびInstaller-No Servicesのインストール: /bin/ dse spark
installation_location/bin/dse connection_options subcommand [command_arguments]
表 1. 凡例
構文規則 説明
大文字 リテラル・キーワード。
小文字 リテラル以外。
イタリック体 変数値。有効なオプションまたはユーザー定義値と置き換えます。
[ ] 任意。角かっこ([])で任意指定のコマンド引数を囲みます。角かっこは入力しないでください。
( ) グループ。丸かっこ(( ))は、選択肢を含むグループを示します。丸かっこは入力しないでください。
| または。縦棒(|)で代替要素を区切ります。要素のいずれかを入力してください。縦棒は入力しないでください。
... 繰り返し可能。省略記号(...)は、構文要素を必要な回数だけ繰り返すことができることを示します。
'Literal string' 単一引用符(')でCQL文内のリテラル文字を囲みます。大文字を維持するには、単一引用符を使用します。
{ key:value } マップ・コレクション。中かっこ({ })でマップ・コレクションまたはキーと値のペアを囲みます。コロンでキーと値を区切ります。
<datatype1,datatype2> セット、リスト、マップ、またはタプル。山かっこ(< >)で、セット、リスト、マップまたはタプル内のデータ型を囲みます。データ型はコンマで区切ります。
cql_statement; CQL文の終了。セミコロン(; )ですべてのCQL文を終了します。
[ -- ] コマンドライン・オプションとコマンド引数は、2つのハイフン(--)で区切ります。この構文は、引数がコマンドライン・オプションと間違われる可能性がある場合に役立ちます。
'<schema> ...</schema> ' 検索CQLのみ:単一引用符(' )でXMLスキーマ宣言全体を囲みます。
@xml_entity='xml_entity_type' 検索CQLのみ:スキーマ・ファイルおよびsolrconfigファイル内のXML要素を上書きする実体とリテラル値を示します。

接続オプション

認証によって、データベースは操作を試みる人物またはシステムの正体を特定します。認証情報は、複数の方法で提供されます。「認証対応クラスターへの接続」を参照してください。

接続オプションは認証コマンド引数で、すべてのdseサブコマンドとともに使用できます。
dse connection_options subcommand [command_arguments]
表 2. dseコマンドを認証するための接続オプション
コマンド引数 説明
-f 認証情報を格納する構成ファイルへのパス。指定しないと、~/.dserc(存在する場合)が使用されます。
-u 構成された認証スキーマに対して認証するためのロール。
-p 構成された認証スキーマに対して認証するためのパスワード。
-a 安全なJMXで認証するためのユーザー名。
-b 安全なJMXで認証するためのパスワード。
-f 認証情報を格納する構成ファイルへのパス。この構成ファイルの認証情報によって、~/.dserc認証情報はオーバーライドされます。
-v DataStax Enterpriseのバージョン番号を標準出力に送信します。認証は不要です。

dseサブコマンド

1つのdseサブコマンドと、Noneまたは複数の任意のコマンド引数を指定します。
注: 複数のフラグが使用されている場合は、コマンドラインで個別にリストします。たとえば、dse cassandra -k -s-k-sの間にスペースがあることを確認します。
サブコマンドとコマンド引数 説明
advrep command_options DSE Advanced Replication(DSE拡張レプリケーション)を構成および使用するためのオプション。
beeline Beelineシェルを起動します。
cassandra」のパスワード リアルタイム・トランザクション・ノードをバックグラウンドで起動します。「DataStax Enterpriseの起動」を参照してください。
cassandra -f リアルタイム・トランザクション・ノードをフォアグラウンドで起動します。
cassandra -g グラフ・モードでノードを起動します。「DataStax Enterpriseの起動」を参照してください。-sオプションおよび-kオプションとともに使用できます。
cassandra -k AnalyticsノードをSparkモードで、バックグラウンドで起動します。「Sparkの起動」を参照してください。
cassandra-stop -p pid DataStax Enterpriseのプロセス番号PIDを停止します。「ノードの停止」を参照してください。
cassandra -s DSE Searchノードをバックグラウンドで起動します。「DataStax Enterpriseの起動」を参照してください。
cassandra -s -Ddse.solr.data.dir=path DSE Searchデータの格納にpathを使用します。「DSE Searchデータの場所の管理」を参照してください。
cassandra -Doption DataStax Enterpriseの起動時のパラメーターのコマンドの-Dオプションがすべてサポートされています。
client-tool subcommand subcommand dse client-tool」を参照してください。
dse-nodeID subcommand DSE Multi-Instance(DSEマルチインスタンス)ホスト・マシンでノードの標準的なdseコマンドを実行します。
fs DSEFSシェルを実行します。dsefsコマンドライン・ツールを参照してください。
pyspark PySpark.
spark Sparkからデータベース・データにアクセスします。
-framework dse|spark-2.0 dse sparkコマンドを使用して、当初はオープン・ソースのApache Spark™用に書き込まれたアプリケーションに対応するように異なるクラスパスを指定します。DSEの以前のバージョンに存在するデフォルト(dse)動作の--frameworkオプションは省略します。
  • dse

    デフォルト。すべてのsparkクラスパスを、DSEサーバーによって使用される同一のクラスパスに設定します。

  • spark-2.0
    オープン・ソースのSpark(OSS)2.0リリースによって使用されるクラスパスを設定します。BYOS(独自のSpark) jarと内部依存関係に対する共有リファレンスを使用して、OSS Sparkからアプリを移植する際の複雑さを排除します。
    注: コードがDSEで機能する場合、アプリケーションはこのフレームワークを必要としません。spark-2.0フレームワークのフル・サポートでは、追加の依存関係を指定する必要がある場合があります。例:hadoop-awsはdseサーバー・パスに含まれていますが、OSS Spark-2.0クラスパスには存在しません。この例では、S3または他のAWS APIを使用するアプリケーションは、実行時クラスパスに独自のaws-sdkを含める必要があります。この追加の実行時クラスパスは、DSEクラスパスで実行できないアプリケーションにのみ必要です。
spark-history-server start Spark履歴サーバーを起動します。
spark-history-server stop Spark履歴サーバーを停止します。
spark-sql-thriftserver start Spark SQL Thriftサーバーを起動します。
spark-sql-thriftserver stop Spark SQL Thriftサーバーを停止します。
spark-jobserver start submission_arguments クラスターでアプリケーションを起動し、Spark Jobserverを使用します。Sparkの送信オプションを参照してください。
spark-jobserver stop Spark Jobserverを停止します。
spark-sql Spark SQLコマンドライン
spark-submit submission_arguments クラスターでアプリケーションを起動し、Sparkクラスター・マネージャーを使用します。「dse spark-submit」を参照してください。
sparkR DSE Sparkで構成されたRシェルを起動します。「DataStax EnterpriseでSparkRを使用する」を参照してください。
spark-sql-metastore-migrate アップグレード後、Spark SQLによって使用されるHiveメタストアの新しいリリース形式にカスタム外部テーブルをマップします。例を次に示します。
dse spark-sql-metastore-migrate --to 5.1.0 --from 5.0.4

DSE Multi-Instance(DSEマルチインスタンス)コマンド

DataStax Enterprise標準コマンドをDSE Multi-Instance(DSEマルチインスタンス)のホスト・マシンのノードに対して実行するには、以下の構文を使用してノード名を指定します。
sudo dse dse-nodeId subcommand [command_arguments]

詳細については、「DSE Multi-Instance(DSEマルチインスタンス)コマンド」を参照してください。

DataStax Enterprise起動パラメーター

DataStax Enterprise起動パラメーターのリスト。

起動パラメーターは、コマンドラインから実行するか、cassandra-env.shファイルで指定できます。

cassandra.yamlファイルの場所は、インストールのタイプによって異なります。

パッケージ・インストールInstaller-Servicesインストール

/etc/dse/cassandra/cassandra.yaml

tarボール・インストールInstaller-No Servicesインストール

installation_location/resources/cassandra/conf/cassandra.yaml
cassandra-env.shファイルの場所は、インストールのタイプによって異なります。

パッケージ・インストールInstaller-Servicesインストール

/etc/dse/cassandra/cassandra-env.sh

tarボール・インストールInstaller-No Servicesインストール

installation_location/resources/cassandra/conf/cassandra-env.sh

使用法

コマンドラインで起動オプションを指定します。
$ dse cassandra option
例を次に示します。
bin/dse cassandra -Dcassandra.prepared_statements_cache_size_in_bytes=345678912
起動オプションと設定オプションを環境で設定する代わりに、JVMに設定できます。各オプションのエントリーをcassandra-env.shファイルに追加します。
JVM_OPTS="$JVM_OPTS -Doption"
例を次に示します。
JVM_OPTS="$JVM_OPTS -Dcassandra.prepared_statements_cache_size_in_bytes=345678912"

起動パラメーター

すべての起動パラメーターは、DSEノードの起動とDSEのcassandra-env.shでの使用についてサポートされています。以下の起動パラメーターはDSEについてのみサポートされています。

オプション 説明
dse.solr.data.dir=path DSE Searchデータを格納するためのpath。「検索インデックスの場所の設定」を参照してください。