インデックス作成エラーの収集

ドキュメントのインデックス作成時に発生したエラーを記録するオブジェクトのロギングを有効にする手順。

solr_indexing_error_log_options オブジェクトは、ドキュメントのインデックス作成時に発生したエラーを記録します。

デフォルトでは、すべてのオブジェクトが無効にされています。

手順

  1. dse.yamlファイルを編集します。
    dse.yamlファイルの場所は、インストールのタイプによって異なります。

    パッケージ・インストールInstaller-Servicesインストール

    /etc/dse/dse.yaml

    tarボール・インストールInstaller-No Servicesインストール

    installation_location/resources/dse/conf/dse.yaml
  2. dse.yamlファイルのsolr_indexing_error_log_optionsパラメーターの下のenabledをtrueに変更し、必要に応じてその他のオプションを設定します。
    solr_indexing_error_log_options:
        enabled: true
        ttl_seconds: 604800
        async_writers: 1

    デフォルトでは、すべてのオブジェクトが無効にされています。

    表 1. オプション
    オプション 特定内容
    refresh_rate_ms solr_result_cache_statsなどの統計を定期的に更新するサンプル記録間隔(単位はミリ秒)。
    enabled 起動時にオブジェクトが有効にされるかどうか。
    ttl_seconds レコードが何秒でパフォーマンス・オブジェクトから期限切れになるか。