接続オプション

dsetoolユーティリティを使用してクラスターに接続するためのオプション。

dsetoolユーティリティを使用してクラスターに接続するためのオプション。

構文

dsetool [connection_options]
表 1. 凡例
構文規則 説明
大文字 リテラル・キーワード。
小文字 リテラル以外。
イタリック体 変数値。有効なオプションまたはユーザー定義値と置き換えます。
[ ] 任意。角かっこ([])で任意指定のコマンド引数を囲みます。角かっこは入力しないでください。
( ) グループ。丸かっこ(( ))は、選択肢を含むグループを示します。丸かっこは入力しないでください。
| または。縦棒(|)で代替要素を区切ります。要素のいずれかを入力してください。縦棒は入力しないでください。
... 繰り返し可能。省略記号(...)は、構文要素を必要な回数だけ繰り返すことができることを示します。
'Literal string' 単一引用符(')でCQL文内のリテラル文字を囲みます。大文字を維持するには、単一引用符を使用します。
{ key:value } マップ・コレクション。中かっこ({ })でマップ・コレクションまたはキーと値のペアを囲みます。コロンでキーと値を区切ります。
<datatype1,datatype2> セット、リスト、マップ、またはタプル。山かっこ(< >)で、セット、リスト、マップまたはタプル内のデータ型を囲みます。データ型はコンマで区切ります。
cql_statement; CQL文の終了。セミコロン(; )ですべてのCQL文を終了します。
[ -- ] コマンドライン・オプションとコマンド引数は、2つのハイフン(--)で区切ります。この構文は、引数がコマンドライン・オプションと間違われる可能性がある場合に役立ちます。
'<schema> ...</schema> ' 検索CQLのみ:単一引用符(' )でXMLスキーマ宣言全体を囲みます。
@xml_entity='xml_entity_type' 検索CQLのみ:スキーマ・ファイルおよびsolrconfigファイル内のXML要素を上書きする実体とリテラル値を示します。
JMX認証は、dsetoolコマンドの一部でサポートされています。その他のdsetoolコマンドは、構成済みユーザーのユーザー名とパスワードを使用して認証します。接続オプションの短い形式と長い形式は、コンマで区切られます。
注: 認証情報はいくつかの方法で指定できます。「認証対応クラスターへの接続」を参照してください。

dsetoolを有効にしてKerberos認証を使用するには、「Kerberosが有効なクラスターでdsetoolを使用する」を参照してください。

接続方法とdsetoolコマンドの認証方法を指定します。

このリストでは、短い形式(-f filename)と長い形式(--config-file=filename)を示します。

-a jmx_username, --jmxusername jmx_username
セキュアなローカルJMXで認証するためのユーザー名。
-b jmx_password, --jmxpassword jmx_password
セキュアなローカルJMXで認証するためのパスワード。パスワードを指定してしない場合、入力するように求められます。
-c dse_port, --cassandra_port dse_port
DSEポート番号。
--cipher-suites ssl_cipher_suites
SSLが有効な場合に、DSEに接続するためのSSL暗号化スイートのコンマ区切りリストを指定します。たとえば、--cipher-suites c1,c2,c3などです。
-f filename, --config-file filename
認証情報を格納する構成ファイルのファイル・パス。この構成ファイル内の認証情報は、~/.dserc credentialsをオーバーライドします。
-h IP_address, --host IP_address
指定したホスト名またはIPアドレスに接続します。ローカル・ノードに接続するよう指定しないでください。
-j jmx_port, --jmxport jmx_port
リモートJMXエージェントのポート番号。
--keystore-path ssl_keystore_path
SSLクライアント認証が有効な場合に、DSEに接続するためのキーストアのパス。
--keystore-password keystore_password
SSLクライアント認証が有効な場合に、DSEに接続するためのキーストアのパスワード。
--keystore-type ssl_keystore_type
SSLクライアント認証が有効な場合に、DSEに接続するためのキーストアのタイプ。JKSはJava keytoolバイナリーによって生成されるキーのタイプですが、ユーザー環境によっては他のタイプである可能性もあります。
-l username, --username username
データベース・アクセスを認証するためのロール。
-p password, --password password
データベース・アクセスを認証するためのパスワード。
-s solr_port, --port solr_port
Solrポート。
--ssl ( true | false )
SSLをネイティブ接続に使用するかどうかを指定します。
--ssl-protocol ssl_protocol
SSLが有効な場合に、DSEに接続するためのSSLプロトコル。たとえば、--ssl-protocol ssl4などです。
--sslauth ( true | false )
SSLクライアント認証を使用するかどうかを指定します。
--truststore_password ssl_truststore_password
SSLが有効な場合に、DSEへの接続に使用するトラストストア・パスワード。
--truststore-path ssl_truststore_path
SSLが有効な場合に、DSEへの接続に使用するトラストストアのパス。たとえば、--truststore-path /path/to/tsなどです。
--truststore-type ssl_truststore_type
SSLが有効な場合に、DSEに接続するためのトラストストアのタイプ。JKSはJava keytoolバイナリーによって生成されるキーのタイプですが、ユーザー環境によっては他のタイプである可能性もあります。たとえば、--truststore-type jks2などです。