dsetool reload_core

検索インデックスを再度読み込んで、スキーマまたは構成の変化を認識します。

検索インデックスを再度読み込んで、スキーマまたは構成の変化を認識します。 [-l username -p password]のDSE認証をサポートしています。
注: コアを再度読み込んで、インデックス再作成の手間を省くには、デフォルト値のreindex=falseおよびdeleteAll=falseを受け入れます。

詳細については、「検索インデックスの再読み込み」を参照してください。

構文

dsetool reload_core keyspace_name.table_name 
[coreOptions=yamlFile | coreOptionsInline=key1:value1#key2:value2#...]
[deleteAll=true|false]
[distributed=true|false]
[reindex=(true|false]
[schema=path] 
[solrconfig=path]
表 1. 凡例
構文規則 説明
大文字 リテラル・キーワード。
小文字 リテラル以外。
イタリック体 変数値。有効なオプションまたはユーザー定義値と置き換えます。
[ ] 任意。角かっこ([])で任意指定のコマンド引数を囲みます。角かっこは入力しないでください。
( ) グループ。丸かっこ(( ))は、選択肢を含むグループを示します。丸かっこは入力しないでください。
| または。縦棒(|)で代替要素を区切ります。要素のいずれかを入力してください。縦棒は入力しないでください。
... 繰り返し可能。省略記号(...)は、構文要素を必要な回数だけ繰り返すことができることを示します。
'Literal string' 単一引用符(')でCQL文内のリテラル文字を囲みます。大文字を維持するには、単一引用符を使用します。
{ key:value } マップ・コレクション。中かっこ({ })でマップ・コレクションまたはキーと値のペアを囲みます。コロンでキーと値を区切ります。
<datatype1,datatype2> セット、リスト、マップ、またはタプル。山かっこ(< >)で、セット、リスト、マップまたはタプル内のデータ型を囲みます。データ型はコンマで区切ります。
cql_statement; CQL文の終了。セミコロン(; )ですべてのCQL文を終了します。
[ -- ] コマンドライン・オプションとコマンド引数は、2つのハイフン(--)で区切ります。この構文は、引数がコマンドライン・オプションと間違われる可能性がある場合に役立ちます。
'<schema> ...</schema> ' 検索CQLのみ:単一引用符(' )でXMLスキーマ宣言全体を囲みます。
@xml_entity='xml_entity_type' 検索CQLのみ:スキーマ・ファイルおよびsolrconfigファイル内のXML要素を上書きする実体とリテラル値を示します。
keyspace_name.table_name
必須。検索インデックスのキースペース名とテーブル名。キースペース名とテーブル名の大文字と小文字は区別されます。大文字を含む名前は二重引用符で囲みます。
schema=path
UTF-8でエンコードされた検索インデックス・スキーマ・ファイルのパス。generateResources=trueの場合は指定できません。
solrconfig=path
UTF-8でエンコードされた検索インデックス構成ファイルのパス。generateResources=trueの場合は指定できません。
distributed=( true | false )
ローカル・データ・センター内のすべてのノードに操作を配布して適用するかどうかを指定します。Falseを指定すると、操作は送信先のノードのみに適用されます。Falseはrecovery=trueの場合にのみ機能します。

デフォルト:true

警告: 再作成したインデックスをデータ・センター全体に配布すると、そのデータ・センターのパフォーマンスが大きく低下します。
reindex=( true | false )
generateResources=trueで検索インデックスを自動生成する場合にデータのインデックスを再作成するかどうかを指定します。インデックスの再作成は、データ・センター(DC)レベルで行われます。インデックスの再作成は、検索が有効なDCごとに1回だけ行われます。
有効な値:
  • true - データのインデックスを再作成します。新しいインデックスの作成中に読み取りを受け入れて現在の検索インデックスを保持します。
  • false - デフォルト。データのインデックスは再作成されません。インデックスを作成する前に検索インデックス・リソースを確認してカスタマイズできます。
deleteAll
  • true - インデックスを再作成する前に、既存のインデックスを削除します。インデックスのリビルド中は、検索結果が返されないか、データの一部が返されます。
  • false - 既存のインデックスは削除されず、インデックスの再作成はインプレースで行われます。インデックスの更新中は、部分的に不正確な検索結果が返されます。デフォルト。
インデックスの再作成中は、一連の基準によって、最も処理能力の高いノードにサブクエリーがルーティングされます。「分散クエリーのシャード・ルーティング」を参照してください。

保留中の検索インデックスをアクティブにするには:

dsetool reload_core demo.health_data coreOptionsInline="directory_factory_class:solr.EncryptedFSDirectoryFactory"

変更したリソース・ファイルをアップロードするには:

dsetool reload_core demo.health_data coreOptionsInline="directory_factory_class:solr.EncryptedFSDirectoryFactory"