クラスター・サマリー診断情報の収集

DataStax Enterprise Performance Service(DataStax Enterpriseパフォーマンス・サービス)を使用してクラスター・サマリー診断情報の収集を有効にする手順。

以下のクラスター・サマリー診断テーブルは、クラスター全体レベルの統計を収集します。
  • cluster_snapshot

    ノード・システム・メトリクスごと。

  • dc_snapshot

    データ・センター・レベルでnode_snapshotデータを集計します。

  • node_snapshot

    クラスター全体のnode_snapshotデータを集計します。

手順

DataStax Enterprise Performance Service(DataStax Enterpriseパフォーマンス・サービス)を使用してクラスター・サマリー診断情報の収集を有効にするには:

  1. dse.yamlファイルを編集します。
    dse.yamlファイルの場所は、インストールのタイプによって異なります。

    パッケージ・インストールInstaller-Servicesインストール

    /etc/dse/dse.yaml

    tarボール・インストールInstaller-No Servicesインストール

    installation_location/resources/dse/conf/dse.yaml
  2. dse.yamlファイルで、cluster_summary_stats_optionsの有効化オプションをtrueに設定します。
    # Cluster summary stats options
    cluster_summary_stats_options: 
        enabled: true
        refresh_rate_ms: 10000
  3. (任意)統計を更新する頻度を制御するには、refresh_rate_msパラメーターを増減します。

    refresh_rate_msにサンプリング周期(このデータを更新する頻度)の長さを指定します。