データベース・サマリー診断情報の収集

DataStax Enterprise Performance Service(DataStax Enterpriseパフォーマンス・サービス)を使用してデータベース・サマリー診断情報の収集を有効にする手順。

DataStax Enterprise Performance Service(DataStax Enterpriseパフォーマンス・サービス)を使用してデータベース・サマリー診断情報の収集を有効にすることができます。

これらのデータベース・サマリー診断テーブルは、データベース全体レベルの統計を収集します。
  • node_table_snapshot

    ノードあたりの有効期間テーブル・メトリクス。キースペースおよびテーブルで細分化。

  • table_snapshot

    クラスター全体の有効期間テーブル・メトリクス。キースペースおよびテーブルで細分化(クラスター内の各ノードからnode_table_snapshotを集計)。

  • keyspace_snapshot

    クラスター全体の有効期間テーブル・メトリクス。キースペース・レベルで集計(table_snapshotのデータを集計)。

これらのコマンド例では、一時的な変更のみが実行されます。パフォーマンス・オブジェクト・サブコマンドによる変更は、再起動すると元に戻り、短期間の診断にのみ有効です。

データベース・サマリー診断情報の収集」を参照してください。

データベース・レベル統計データのコレクションを有効にするには:

dsetool perf clustersummary enable

データベース・レベル統計データのコレクションを無効にするには:

dsetool perf clustersummary disable

スロー・クエリーの収集」を参照してください。

スロー・クエリーをインメモリーでのみ維持するには:

dsetool perf cqlslowlog skip_writing_to_db

インメモリーで維持するスロー・クエリーの数を設定するには:

dsetool perf cqlslowlog set_num_slowest_queries 5

スロー・クエリーをデータベースに書き込むには:

dsetool perf cqlslowlog write_to_db

スロー・クエリーでの情報の収集を無効にするには:

dsetool perf cqlslowlog disable

スロー・クエリーの5%に関する情報を収集するようにしきい値を変更するには:

dsetool perf cqlslowlog 95.0

スロー検索クエリーを特定するように情報の収集を有効にするには:

dsetool perf solrslowlog enable

サブクエリーが遅いために報告対象となるしきい値(ミリ秒単位)を変更するには:

dsetool perf solrslowlog 200

手順

データベース・レベル統計データのコレクションを恒久的に有効にするには:

  1. dse.yamlファイルを編集します。
    dse.yamlファイルの場所は、インストールのタイプによって異なります。

    パッケージ・インストールInstaller-Servicesインストール

    /etc/dse/dse.yaml

    tarボール・インストールInstaller-No Servicesインストール

    installation_location/resources/dse/conf/dse.yaml
  2. dse.yamlファイルで、db_summary_stats_optionsの有効化オプションをtrueに設定します。
    # Database summary stats options
    db_summary_stats_options:
        enabled: true
        refresh_rate_ms: 10000
  3. (任意)統計を更新する頻度を制御するには、refresh_rate_msパラメーターを増減します。

    refresh_rate_msにサンプリング周期(このデータを更新する頻度)の長さを指定します。

データベース・レベル統計データのコレクションを一時的に有効にするには:
dsetool perf clustersummary enable
データベース・レベル統計データのコレクションを一時的に無効にするには:
dsetool perf clustersummary disable