ヒストグラム診断情報の収集

DataStax Enterprise Performance Service(DataStax Enterpriseパフォーマンス・サービス)を使用してヒストグラム診断の収集を有効にする手順。

DSEは以下のデータのヒストグラム・テーブルを提供します。
ヒストグラム 詳細テーブル サマリー・テーブル キースペース詳細 キースペース・サマリー グローバル詳細 グローバル・サマリー
cell_count Y Y N N N N
partition_size Y Y N N N N
range_latency Y Y Y N Y N
read_latency Y Y Y N Y N
sstables_per_read Y Y Y N N N
write_latency Y Y Y N N N
注: これらのテーブルは、nodetool tablehistogramsユーティリティにより取得した情報に似た情報を示しています。主な違いは、nodetool histograms出力が最新であるのに対して、診断テーブルには有効期間データが含まれている点です。診断ヒストグラム・テーブルのデータは、DSEサーバーが起動しているため、累積データです。これに対し、nodetool tablehistogramsには過去15分の値が示されます。

手順

DataStax Enterprise Performance Service(DataStax Enterpriseパフォーマンス・サービス)を使用してテーブル・ヒストグラム・データの収集を有効にするには:

  1. dse.yamlファイルを編集します。
    dse.yamlファイルの場所は、インストールのタイプによって異なります。

    パッケージ・インストールInstaller-Servicesインストール

    /etc/dse/dse.yaml

    tarボール・インストールInstaller-No Servicesインストール

    installation_location/resources/dse/conf/dse.yaml
  2. dse.yamlファイルで、histogram_data_optionsの有効化オプションをtrueに設定します。
    # Column Family Histogram data tables options
    histogram_data_options:
      enabled: true
      refresh_rate_ms: 10000
      retention_count: 3
  3. (任意)統計を更新する頻度を制御するには、refresh_rate_msパラメーターを増減します。

    refresh_rate_msにサンプリング周期(このデータを更新する頻度)の長さを指定します。

  4. オプション: テーブルに保持する完全なヒストグラムの数を常時制御するには、retention_countパラメーターを変更します。