CQLのキースペースとテーブル・プロパティ

CQLのキースペースとテーブル・プロパティの使用について。

CQLのWITH句は、以下のCQLコマンドでキースペースとテーブル・プロパティを指定します。

CQLのキースペース・プロパティ

CQLでは、データ・センターの命名に加えて、以下のキースペース・プロパティの設定をサポートしています。
  • class

    レプリケーション・ストラテジの名前:SimpleStrategyまたはNetworkTopologyStrategy。各データ・センターのレプリケーション係数を個別に設定します。

  • replication_factor

    replication_factorプロパティは、CREATE KEYSPACE の例に示すように、SimpleStrategyを指定している場合にのみ使用します。レプリケーション係数値は、クラスター全体でのレプリカの総数です。

実稼働環境で使用する場合、または混在ワークロードで使用する場合は、NetworkTopologyStrategyを使用してキースペースを作成します。SimpleStrategyは評価目的に適しています。 将来拡張が必要になった場合に複数のデータ・センターに容易に拡張できるため、ほとんどの展開にNetworkTopologyStrategyを推奨します。

キースペースの作成や変更時に、durable writesプロパティを構成することもできます。