CQLの使用

CQLには、Thrift APIより簡単なCassandra APIが用意されています。

CQLには、Thrift APIより簡単なCassandra APIが用意されています。Thrift APIと旧バージョンのCQLは、Cassandraの内部ストレージ構造を開示します。CQLには、この構造の実装の詳細を隠す抽象化層が追加され、コレクションとその他の共通エンコード用のネイティブ構文が用意されています。

CQLのアクセス

CQLへの一般的なアクセス方法は以下のとおりです。

  • Cassandraノードのコマンドラインで、Pythonベースのコマンドライン・クライアントであるcqlshを起動します。
  • グラフィカル・ユーザー・インターフェイスであるDataStax DevCenterを使用します。
  • アプリケーション開発には、公式のDataStax C#、Java、またはPythonオープンソース・ドライバーを使用できます。
  • プログラムによるアクセスにはset_cql_version Thriftメソッドを使用します。

このドキュメントでは、cqlshを使用した例を示しています。