整合性がパフォーマンスに及ぼす影響

整合性レベルを変更すると、読み取りパフォーマンスに影響を与える場合があります。トレーシング出力には、整合性レベルの変更に伴ってパフォーマンスがどのように影響を受けるのかが示されます。

整合性レベルを変更すると、読み取りパフォーマンスに影響を与える場合があります。トレーシング出力は、整合性レベルをONEからQUORUM、次にALLに変更すると、パフォーマンスが2585から2998、次に5219マイクロ秒へとそれぞれ低下することを示します。1行のテーブルのクエリーは、例示のために使用した望ましくないケースであるため、このチュートリアルの手順に従っても、同じ傾向が見られるとは限りません。QUORUMとALLの違いは、この場合はごくわずかですが、クラスターの条件によっては、ALLを使用した場合のパフォーマンスはQUORUMより速くなる場合があります。

以下の条件下では、ALLを使用した場合のパフォーマンスはQUORUMより悪くなります。

  • データが何千もの行で構成されている。
  • 1つのノードが他のノードより遅い。
  • 特に遅いノードがquorumに選択されなかった。

大きなデータセットでのクエリーのトレース

10行以上存在するデータベース上で確率的トレースを使用できますが、この機能はこれ以上の多くのデータをトレースすることを目的としています。nodetool settraceprobabilityコマンドを使用して確率的トレースを構成した後に、system_tracesキースペースにクエリーします。

SELECT * FROM system_traces.events;